今シーズンの予選最終戦でした。

M-1グレ予選は、MFGの代表枠を取れませんでしたが、運よく抽選で米水津大会に望みが繋がっていました。


リヴァーレからは、キャンセル待ち8番の大槙さん、51番の原中君も前日に繰り上がったとのことで3人で大分へ向かいました。


汗だくになりながら、オキアミ4角とV9SP、遠投ふかせSP、V10、超遠投、パン粉2キロを混ぜ合わせました。

釣具店で混ぜてもらうと、しっかりとオキアミを砕くことも水分調整も出来ないので、キツイけどプラ箱とスコップでしっかり混ぜ合わせることは大事です。


IMG_6276.jpg


参加者は150名。

抽選番号はやっぱり3ケタ台の141番。(笑)

くじ運が良いのか悪いのか・・・!


IMG_6279.jpg


1番船の政進丸で最後から2番目の瀬上がりです。

ウネリが残る中、鶴見半島のカイドク周辺から瀬付けが始まりましたが、次は私達となったところで船は湾内へ戻っていきました。

上礁したのは、押出の大バエから湾内側に入った地のカナヤマという聞いたことも上がったことも無いところでした。

左側の磯(↓の写真)は昨年のJC米水津予選で勝ち上がった時に上がった磯でした。


IMG_6280.jpg


風が無いので汗が噴き出して止まりません。

釣りに集中しすぎるとヤバイくらいの暑さです。

マメに水分補給をしながら、頑張って規定の5匹はクリアできました。

朝マズメは浅いタナで数匹釣れましたが、時間が経つにつれてエサ盗りも居なくなりました。

Dear Gの00号にジンタン6号を打って沈めていき、竿2本位入ったところで25センチ程のクロがヒットしてくるという低活性です。

帰港後、相変わらず米水津の海は愛がなかったようで、検量に出される人が少ない状況でした。

なんとか4位に入ることが出来ました。

セミファイナルは宮ノ浦です。

気合入れて頑張らないとですね。

(↓の順位表はPCだとクリックすると拡大されます。)


IMG_6285.jpg



ようやく梅雨らしい雨模様となった九州北部地方ですが、大雨の合間を縫って絶好の釣りコンディションに恵まれて、第7回目のクロ釣り懇親会を丸銀釣りセンターさんの協力で行いました。


当初の参加申し込みは約30名。

大会前日までに一人減り、二人減り・・・!

開催当日のキャンセルがなんと4名も。

賞品代が足らんし・・・!!


出港時には雨も小降りとなり、ベタナギ、微風という釣りやすい状況に恵まれました。


IMG_6218.jpg


現在、良型のクロが好調だという阿値賀島一帯に展開です。


IMG_6216.jpg


私は上阿値賀の西のハナに上礁。

複雑な潮流に四苦八苦しながらも、5匹のキーパーを揃えましたが・・・!


IMG_6213.jpg


他の磯では40センチオーバーの良型が数釣れていました。


IMG_6243 (2)

5匹の総重量で順位を決定しました。

優勝は最近絶好調の横山さん!

準優勝はリヴァーレの大槙さん。

3位、同じくリヴァーレの柳川君。

4位もまたまたリヴァーレの原中君が入賞。

他魚賞は吉山さんでした。


KBOD4094.jpg


そして、ヨーイチロー事務局長から協力してもらった、佐賀牛の霜降りステーキを掛けたじゃんけん大会では原中君がゲットしました。


IMG_6244.jpg 


そんなこんなで楽しい表彰式も終了です。


ピンクが似合わないヤナちゃんと髭面にピンクがアンマッチな原さんのツーショットです。(笑)


IMG_6245.jpg


次回は9月に福島でチヌ釣り大会を予定しています。

奮ってのご参加お待ちしています。



昨日は休日出勤の代休を取って、今シーズン3度目のキス釣りに行ってきました。

NENKINブラザーズのY山船長と世界一さん、もうすぐNENKINブラザーズに仲間入りするE藤さんの4人で唐津湾に繰り出しました。


今日は絶好調の私でした。

ほぼ1投毎に釣ることが出来て大満足でした。


IMG_6125.jpg


毎回釣ったばかりのキスを船上でY山さんが刺身にしてくれます。

これが超絶品で、甘くてコリコリした食感でバリウマなんです。

新生姜とネギがベストマッチして、Y山さん特製のごま醤油がとにかく旨いとです。


IMG_6123.jpg


お昼には納竿して帰宅し、夜はキスの天ぷらやフライを堪能。

今シーズンはこれが最後のキス釣りでしょう。

また来年が楽しみですね。



出発当日に、しっかりと里桜ちゃんパワーを吸収して、鳥栖で健策君と森田さんに拾ってもらって鶴見へ向かいました。


今大会の優勝者がM-1カップグレの全国大会の出場権がもらえて、2~5位が宮ノ浦で開催されるセミファイナルへ出ることが出来ます。

その枠を目指して27名の選手が3名1組のトーナメント形式での対戦を行います。


私の番号は9番。

マルキューの大会だけに縁起が良いかなと思っていましたが、試合では1匹のコッパグロさえ釣ることが出来ませんでした。

結局、1R目に中山さんが釣った価値ある1尾で勝敗が決まりました。


IMG_6096.jpg


上がったのは白崎4番でした。

数回上がったことがある磯でしたが、攻略できず・・・!

キタマクラやアジゴに手を焼いて、活性が低いクロには出会えずでした。

居残りで昼まで釣りましたが、35センチのクロが1尾という結果で、米水津も鶴見もどうしたのか絶不調続きです。


IMG_6095.jpg


帰宅後は簡単に片づけして風呂に入り、日頃は食べないポテチで夕日を眺めながら、一人残念会してました。

たった1尾のクロで泣いたり笑ったり・・・!

負けたことの悔しさよりも、たった1尾のクロを釣りきれない自分の未熟さを反省ですね。

対戦中は冷静に思う通りの攻めをしたつもりですが、振り返ると、もっとこうしておれば・・・

と思うものです。


最近は不眠不休の釣りは堪えるお年頃になりました。

今日の仕事は辛かった。(朝から会議3連荘)


IMG_6098.jpg



IMG_6038.jpg


五島列島の中でも屈指のオナガ釣り場のひとつ、上五島の白瀬灯台に仲間を募って行ってきました。

メンバーは総勢12名。

(悠々自適クラブのY山さん、世界一さん、E藤さん、片島会の古山夫妻とそのお友達、中原釣具の女性アングラーAさん、銀鱗巧の梅ちゃん、そしてRIVALEの仲間、やなちゃん、原中君と世界一さんのお友達Tさん。)




渡船は丸銀釣りセンターさんのマリンアスリート(久幸船長)にお世話になりました。

予報は雨ですが、波はスーパーベタナギで約1時間で到着です。


IMG_6040 (2)


白瀬灯台一帯の磯群はいつ見ても胸が高鳴りますね。


IMG_6037.jpg


やなちゃん、原中ペアは小白瀬のハナレへ、私と梅ちゃんは四畳半。

その他のペアは、4番、東のカド、トウフ、デベソと好ポイントに陣取ることが出来ました。

夜明けまで雨に耐えながら辛かったですが、夜が明けて釣り始めるとすぐにオナガの強烈なアタリが襲ってきました。


IMG_6052.jpg


まずは45センチ級です。

このサイズがバキュンバキュンヒットしてきます。


IMG_6047.jpg


少し仕掛けが入ると、デカバンのクチブトです。

梅ちゃんのは50センチを軽く超えていました。

この他にもオナガの数釣りを堪能していました。


IMG_6050.jpg


となりのやなちゃんペアも、朝まずめは調子が悪かったですが、昼近くになると50センチ超のオナガラッシュに沸いています。


IMG_6035.jpg


50センチ超のオナガを手に満面の笑みですね。


IMG_6041 (2)


原中君も最大52センチを頭にオナガを数釣り!


IMG_6042 (2)


古山夫妻も磯は別居してましたが、良型ばかりをクーラー満タンで楽しんでくれたようです。


IMG_6045.jpg


そして、私の釣果です。

狙いはオナガ1本だったので、終始ウキを浮かせた半遊動で浅ダナ狙いでした。

30リットルのクーラーに入る分だけキープです。(全部45センチ前後)

50センチは超えていると思われるオナガには3回切られました。(泣)


IMG_6043 (2)


オナガは脂がのっていてまいう~でした。

数年ぶりの白瀬でしたが、グッドタイミングでしたね。

ほぼ全員が良型オナガを仕留めていました。

回収の時のクーラーが重すぎて腰が痛いですよ。


これからしばらくは、熾烈な場所取り合戦が展開される白瀬灯台!!

また来年チャレンジしたいと思います。