昨日はシマノジャパンカップV2を達成した大分の田中修司氏率いるSTT銘技会主催の第11回ファイアカップ米水津に参加させてもらいました。


大会前日には愛しの孫ちゃんが泊まりに来ていましたが、後ろ髪惹かれる思いで出発です。


IMG_7499.jpg


今年で11回目を迎えるそうですが、毎回参加者が増えていき、今年は140名弱の参加者でにぎわいました。

多くの名人、名手の方々が今大会に参加されていて、田中修司氏やクラブ員の方々の人望の厚さが物語っていました。


私は熊本の麻生さんとゲンタロウという磯に上がりましたが、キタマクラや2枚潮を攻略できずにクロは1尾しか釣ることが出来ませんでした。

麻生さんは2尾のクロを仕留められていました。

ちょっとした状況の変化でクロが口を使ってくれる瞬間を如何にモノにできるのかが大切だと痛感しました。米水津は難しい釣り場の代表的な所ですが、1投、1投丁寧に釣ることが大事で、ちょっとした変化を見逃さない集中力も大事だと思います。


帰りは定番の広瀬の唐揚げ、別府湾SAのソフトです。


IMG_7503.jpg


大の大人がソフトをぺろぺろしている光景は、傍から見たら異様ですよね。(笑)


IMG_7505.jpg




2018年の初釣りは6日に宮ノ浦の丸銀釣りセンターさんにお世話になりました。

同行したのはリヴァーレ会長の栗坊とメンバーの熊ちゃん、ホンコンこと大槙さんでした。


予報は北西風10m以上。

どこかしら風裏がある宮ノ浦ですが、北西風だと釣り場が限られてきます。

私たちは午前6時の便に乗り込みましたが、午前2時から多くの釣り客が出て行ってたようです。

今回は4名ですが、栗坊が一緒なので新春どんぐりカップと称して1尾長寸でやることにしました。




IMG_7461.jpg


組み合わせをじゃんけんで決めて、私と栗坊は高島のイン瀬へ、熊ちゃんたちは中ノ島のスナツキへ上礁です。

背後からの息つくことがない爆風に耐えながら、足の裏サイズがポツポツ、コッパ多数という状況でした。

満潮過ぎの正午に船が来たので志々伎崎の2のハエに瀬替わりしました。

写真はイン瀬での足の裏サイズのクロですが、2のハエでは少しばかりサイズアップした32センチ頭に30センチのオナガもコッパ交じりで釣れてくれました。

午後3時納竿です。

どんぐりカップの結果は、私と熊ちゃんが同寸の32.5センチで引き分けでした。

なかなかの爆風で辛い初釣りになりましたが、小型ながらクロのアタリが楽しめたので良しとしときます。

今年1年、またどんなドラマが待ち受けているのか楽しみな釣り人生ですが、釣りを通した新たな出会いや、思い出に残る釣りを刻んでいきたいと思っています。

IMG_7459.jpg


帰宅すると、癒しが待っていました。

潮まみれのウェアや道具の片づけは後回しでした。


なんと、まだ1歳にもなってないのに、今年のお年玉は4万円も溜まったそうです。(驚)

今月末は1歳の誕生日。

何をねだられるのか???

その前に、自分へのお年玉として新型ハイパーフォースと鱗海SPをまるきんの初売りで買っときました。(笑)


IMG_7449.jpg


あけましておめでとうございます。

今年も旬の対象魚を追って、バリバリ釣りに行こうと思います。

皆様のご多幸と爆釣を願っています。