FC2ブログ

今年に入って(まだ1月やけど)下五島椛島は3回目の釣行です。
いずれも良型が微笑んでくれて、五島の魚影の濃さを実感しました。

昨日は、釣春秋(2月20日発売)のNTTドコモさんの携帯電話新機種のPR実釣取材でした。機能等詳細は釣春秋をご覧下さい。

渡船はいつものマリンエキスプレスです。
今回は久幸船長の勧めで地の平瀬へ上礁しました。

釣り始めると、タカベやコッパグロばかりで30センチクラスのクロが1枚しか釣れずに時間が過ぎていきます。
潮も動いておらず、強風が斜め前から吹きつけてきて寒いし釣り難いし気持が切れそうです。
とにかく今年は寒すぎる!
忍耐力の鍛錬にはなるのですが、取材の釣りでは結果を出さないといけないので大変とです。

途中見回りの船が来て、誰もが瀬代わりするだろうという状況の下でしたが、他の磯も状況が悪いし昼過ぎからの下げ潮で釣れるはずとのアドバイスで、ここに残って頑張ることにしました。


それが大正解。
下げに変わるとエサ盗りが消えて五島らしい良型のアタリが頻発しだしました。
23-1-26-02.jpg

同行したえっち朗君も編集長のアドバイスを受けようやくヒット。
やり取りの仕方等、手取り足取り教えてもらっていました。

23-1-26-03.jpg

午前中はどうなることか不安で一杯でしたが、終わってみれば爆釣でした。
今回は久幸船長のお陰でした。

瀬代わりする判断は非常に難しいものです。
連日、同じ海域を渡している船長のアドバイスはとても貴重なんです。
特に久幸船長は釣り人でもあるし、釣り人一人一人の釣果や状況等をきちんと情報収集しているのでとても信頼が出来ます。

瀬代わりには、潮、風向き、エサ盗りの具合等々判断材料はいくつかありますが、単に釣れないから瀬代わりというやり方は失敗する可能性が大きいものです。

ご覧の釣果で私はピースサイン。
えっち朗君は2枚釣りましたのサインです。(爆)

23-1-26-01.jpg

来週は米水津の予定。
最近は楽な釣りばかりしているので、米水津の気難しいクロを狙って頑張ってきます。
スポンサーサイト



Secret