yokosima

昨年の年末釣行は、甑島の里でキビナゴ料理は満喫したものの、同行者の連れの人の大イビキで眠ることが出来ずに最悪だった。
今年は気心が知れている、HACさんとKUMAちゃんの3人で米水津、鶴見の2日釣りを予定して、26日の深夜に福岡を出発した。
初日は午前3時出港の功名丸にお世話になったが、沖磯は台風並みの前線が東に移動した後で、ウネリが大きくて上がる瀬が限られるようだった。最初は鶴見半島の地磯に上礁したが、ウネリが大きくて危なそうだった。大丈夫かなと不安で高い所で様子を見ていたら、船がやってきたので、すぐに瀬変わりとなった。
とにかくウネリが大きいし、北風は強いしで最悪な状況だったが、なんとか横島5番に上がることが出来た。
しかし、明るくなって竿出しするがキタマクラの大群と流れない潮でグレが釣れない。遠投でHACさんが足の裏のクロを1枚釣ったのみで時間だけが過ぎていった。そのうちここもウネリが這い上がってくるようになり、KUMAちゃんのバッカンが流された。
kuma

HACさんはやっとられんと何故か小指を立てて寝ていました。
きっと中洲のキャンディーちゃんの夢を見ていたのでしょうか?(爆)
家族がいるのだから、遊びも程々にしましょうね。(水爆)
あべっち

私も足の裏のグレを瀬際で1枚釣りましたが、イワシとキタマクラの猛攻にあきらめて、デザートを食べています。
やっぱ磯で食べると美味しさが増しますよね。
hen1

瀬変わりするにも上がれそうな磯が無いみたいでどうするか悩んでた所に船長から電話があったので、瀬変わり決定。
次の磯では頑張るぞと2人は何故かウィーン顔です。
hen2

ところが、鶴見半島側もウネリで上がれる場所が無く、横島周りも3番なんか波が打ち越している状況。結局湾内しか上がる所が無くて小型のグレと戯れることになりました。
この日竿を大きく曲げてくれたのは、40センチオーバーの良型のウマズラが2枚という散々な結果となりました。
悲しいのでウィーン顔です。
うまずらっち

翌日は鶴見か再度米水津と思っていましたが、ウネリが納まりそうもないだろうと思い、民宿に泊まって翌朝帰宅しました。
なんだかなぁ!最悪!!
これで竿納めのつもりだったのに・・・(爆涙)

釣りブログのバナーをクリックして下さい。
今日も貴方に幸せが・・・!
にほんブログ村 釣りブログへ




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/93-9d7290f5