画像 022

日中の最高気温37度が予想されていましたが、磯上は適度な風があってなんとか耐えることが出来ました。
8月31日午後11時出港の「玄海」で夜は遠投カゴ釣り、日中はイシダイ釣りにチャレンジです。
このクソ暑い中、60台半ばだというのに、釣り意欲とエッチ度では誰にも負けないナベさんと、糸島の青さん(高校の先輩)、それに釣りキチ栗坊と私の4名と上物のお客さん1名の計5名が壱岐を目指しました。

栗坊は大金城の東側のワレに上がり、私はその隣の方で竿出しすることにしました。
夜釣りは遠投カゴ釣りでイサキを狙いましたが、中アジが上層に湧いていてイサキがのタナまで仕掛けが入ってくれません。
朝マズメに下げ潮が走り出したので、南側のコンクリに移動し、数匹のイサキをゲットした所でイシダイ釣りを始めました。

準備したエサは、バフン1,5キロ、サザエ2キロとマキエにウニ柄1缶。

まずはバフンを2個がけして仕掛けを投入すると、なんと1投目からゴツゴツ、クーンと竿が力弱く引きこまれてなにやらヒット。
獲物はフグでした。(バフンを食うんだ・・・)

その後もバフンを突くのですが、石物らしき力強いアタリが出ないし、潮の流れもキツイので少し南側の潮がヨレて入る所に移動してみると、底付近で良い感じのアタリが出て手持ちにしている竿がズキューンの突っ込みました。
キタァ~~~!ズッシリとした重量感でロッドがひん曲がっています。
必死まめたんでリールを巻いていると、なんと途中で根に入られてしまいました。
しばらく根から出てくるのを待ちましたが、出てこないので強引に引っ張ると針が外れて痛恨のバラシ・・・(トホホ)

これで今日はボーズかとガッカリ。

とりあえず同じポイントに仕掛けを再投入してみると、ガツガツッと石物らしき力強いアタリがロッドを揺らします。まだチャンスはあるぞ、イシガキでも良いから釣れてくれ~~と念じていると、その2投後に、ゴンゴンギューンと走ってくれました。
再びロッドがギューンと曲りやり取り開始です。

今度はバラさないぞと必死に巻き巻きして海面を割ったのは七縞模様のイシダイでした。
2キロ程ですが、めっちゃ嬉しい1尾でした。

その後は追加することが出来ませんでしたが、バラシの後に本命を釣ることが出来たのでこれで十分満足です。

22-9-1イシダイ

今日はコンスタントにアタリがあったので一度も置き竿にすることなく手持ちで狙っていたし、夜もカゴをブン投げていたので足腰の鍛錬にもなりました。

湧きグレの姿も確認できたので、秋磯は上物、底物と賑わってくるのでしょうね。

さぁ、今年もイシダイの姿を拝むことが出来たので、これからはフカセ釣りに切り替えて秋の大会に備えます。

22-9-1玄海

福岡市内から壱岐まで手軽に行けて、魚影の濃さは抜群。
壱岐への渡船は「玄海」がオススメです。

釣れた時はご機嫌ちゃんとです。
アジとイシダイの刺身でビールが美味い!!
スポンサーサイト
Secret