午前0時、フィッシングKで活きアジを仕入れて、トン田君と野北漁港に向かいました。
平日の深夜ということもあり、釣り人もやや少なめで、大波止先端近くに釣り座を構えることが出来ました。
私は泳がせ仕掛けを投入して置き竿とし、エギングを始めました。

トン田君はエギングのみですが、思っていた通り彼のタックルは釣具店の店外やドアの入り口付近に置いてある波止釣りセット(1980円程度)的なものなのです。
勿論、ラインはPEではなくナイロンです。
エギは200円程度の物を数本持参してきてましたが、ほぼ1投毎にブチッと海の中にロストしている有様です。
とうとう午前3時頃には持参したエギが無くなってしまったそうで、私の3軍エギを貸してあげることにしました。
(1軍のエギをかしてロストされたら嫌なので・・・)

その頃には次々と釣り人がやってきて、周りは色んな狙い方をする人達で包囲されてしまいました。
これだから近郊の波止は嫌なんだなぁ!

それにしても絶好調だと聞いていた情報とは裏腹に、周りの誰一人も釣れていません。
上げ潮の朝マズメに差し掛かる時間帯なので、チャンスタイムだとは思うのですが、アジの活餌にも無反応です。

しばらくすると私のエギが根掛かりましたが、引っ張ると寄って来るのでそのまま引き上げると、エギが2本、PEラインに絡まって上がってきました。
場荒れし放題ってな感じです。
そのエギはトン田君がロストした物だったので、彼に渡すと「借りたエギを無くすと何と言われるかハラハラして釣りに集中出来んやったです・・・」とそそくさと200円のエギに結び替えていました。

その数分後「キタッ~~」とトン田君が叫びました。
どうせ根掛かりやろうと思っていましたが、竿がクンクンしています。
キャップライトで照らした海面には、なんと良いサイズのミズイカが・・・(複雑涙)
タモで突っついて外そうかとも思いましたが、きちんと掬ってあげました。(推定800グラム)

周りの誰も釣れていないのに、200円のエギとナイロンラインでやってくれました。
それもミズイカを釣ったのも見たのも初めてだそうです。(なんやねん涙)

その後は誰にもヒットしないまま完全に明るくなってしまいました。

やっとられん気持満タンのまま午前6時半には帰宅しました。
今回写真は撮ってません。(そんな気になれん涙)

トン田君って仕事での引きは弱いけど、魚を引き当てる力は持っているのかな?
ちなみにトン田君を知らない方は過去の記事http://hatabo3.blog49.fc2.com/blog-entry-754.htmlを参考にして下さい。
スポンサーサイト
Secret