福江2

♪長崎か~ら~船に乗って神戸に着いた~♪じゃなくて、着いたのは福江港でした。
風邪引いて味も臭いも感じず、喉が痛くてタマランチ会長とです。(爆)
今回引率してくれたのは、お猿さんこと永松君です。
それにゴハイ君とデリ君の計4名です。

おサル

予定では初日が大瀬崎周辺でデカ尾長に翻弄されて、翌日は大宝でクチブトの数釣りでしたが、ウネリが納まらないとのことで、玉之浦の港を出てすぐの所に上礁。

寒グレ特有の渋いアタリでしたが、ここの魚影の濃さは半端ではありませんでした。
福江3
サイズこそ45センチ止まりでしたが、45センチの活かしバッカン(海魂)に入りきれずに、お猿さんの活かしバッカンにも入れさせてもらいました。(30センチ以下のクチブトと35センチ以下の尾長はリリース)
写真の左側のグレが小さく見えますが、それだけ型が揃ったということで、キロオーバーは2ケタ。それ以下を含めると30枚程の爆釣でした。
グレ以外で釣ったのは、マダイの40センチ位とイスズミが1尾のみでその他のアタリは全てグレでした。
ハリ外れや途中でツケエを離してしまうことも有りましたが、キザクラのD-SUSⅡとD-WINの組み合せが威力を発揮してくれました。(詳細レポートと、他の仲間の釣果写真等は3月20日発売の釣春秋をご覧下さい。)
福江1
翌日は大宝の予定でしたが、天候が大荒れになるとのことで早朝7時過ぎのフェリーで帰路につきました。
長崎港に入港すると、湾内だというのにご覧の様に大荒れで強風が吹き荒れていました。

長崎港01
次回は6月に石鯛釣りで訪れたいと思っています。
福江島での釣行はフィッシングYOU(遊)が詳しいですよ。
スポンサーサイト
Secret