FC2ブログ
尾上北09
釣り場や自然状況によって仕掛けのセッッティングは非常に難しいものです。
私の場合、この仕掛けでしか狙わないという拘りがない分、その時の状況にマッチする仕掛けに非常に悩みます。

基本的には五島などでは全層沈め釣りで問題ないのですが、宮ノ浦は比較的タナも浅いし、潮が複雑な分半遊動でしっかりと馴染ませて釣った方が良いときもあるように思えます。

先週の取材の時は、強風だったこともあり2Bのウキでウキ止めを竿1本の所に結んだ半遊動仕掛けで数釣りが出来ました。

先日のクロ釣り王者決定戦の準決勝でも、尾上の北で複雑な潮流を攻略する為に、これまた2Bの半遊動で勝つことが出来ました。

決勝戦の尾上の西では横からの強い風、大ウネリという状況だったので、上ウキをDSUS0号、下ウキに全層先ウキというGTRの小さいサイズをセットした2段ウキ仕掛けでウキ止めを竿1本の所に結んで釣り始めると、風に逆らって良い感じで仕掛けが潮に乗り、すぐに良型と思われるグレがヒットしました。
しかし、竿で溜めているとブチッと道糸が高切れしてしまいました。
同じ仕掛けはポケットに入ってません。

すぐに黒魂00号の全層沈め仕掛けに変更して、数投毎にバランサーやガン玉を足したり減らしたりして狙ってみますが、結局ノーヒットのまま1R目が終了しました。
次に入る釣り座では、しんちゃんが1,2枚キープしていたようです。

しかし、私には何も釣れません。
おまけに左流れが強くなってすぐに仕掛け回収しなければいけない状況です。

結局3R目にそこに入ったはHACさんも2枚キープしました。

しんちゃんやHACさんの仕掛けは半遊動でウキ下3ヒロ程度だったそうです。

半遊動の方が分があると分かっていたのに、全層沈めで通した結果が敗因だったように思えます。

ここに釣りの基本が凝縮されていることを再認識させられませんか?

魚が食ってくるタナでツケエを安定させておくこと。
その時に食ってくるタナを見極めて重点的に狙うことはとっても大事なことですね。

これが虚しい朝を向かえた私の気持です。

今後はポケットの中には重たい仕掛けも必ず入れておきます。

っていうか、2段ウキ仕掛けも多用しようっと。
スポンサーサイト



Secret