09セミ1

シマノジャパンカップ磯のセミファイナル挑戦は今回で3回目でした。
正に3度目の正直です。
今回はとにかく気合を入れて3週連荘で試し釣りをして本番に挑みました。
しかし、本番は練習釣行以上の厳しい状況でした。

たった1尾のグレしか釣りきれませんでしたが、何とか9位入賞でファイナルの出場権を獲得することが出来ました。
あきらめていたのに、名前を呼ばれた時にはとっても嬉しかったです。

09セミ3

私の練習釣行に付き合ってくれたリヴァーレの仲間や、応援してくれている皆様や家族にも大変感謝しています。
ウキに至っては、私がこんなウキが欲しいとキザクラのおまつさんに常々リクエストしていた形状と大きさ、自重の物を、無理に作ってもらったウキで唯一のクロをゲットすることが出来ました。
これが製品化に至れば良いな思います。
全層沈め釣りは米水津でも十分通用することが実感出来ました。

チヌ用に作られた黒魂ですが、思いの他、こちら方面ではクロ釣り師が愛用してくれているのです。
この黒魂を元にしたウキで米水津のスレッカラシを練習釣行時から釣る事ができたのです。

また今回は道糸1,25号、ハリス1号、YAIBAの渋グレ3号や閃烈グレ1号といった超極細仕掛けも役に立ってくれました。
これを想定して極翔の1号5,3mも新調しました。
何故5,3mかと言えば、穂先で微妙なアタリを違和感を与えずに取る事が出来るからです。

ツケエに至っては、色んな加工を施したり、市販の加工エサを色々と試してみましたが、練習釣行の時から一番効果的だったのはマキエの中のオキアミでした。

ファイナルはまだ行った事が無い大宝の磯。
ベストを尽くして頑張ってきます。

3週連荘の米水津釣行では、唐揚げと別府湾SAで食べる特濃ソフトにハマってしまいました
帰りに今回一緒にセミファイナルに出場したジャパネットさん(左)とラーメンマン(右)の3人で記念撮影しました。

09セミ2

釣りも仕事も前向きにベストを尽くせば、良いこともあるものです。

いよいよ、念願のファイナルステージにチャレンジです。
流石に練習釣行は出来ませんが、後悔しないように頑張ってきます。

11日はグレマスターズ宮ノ浦予選に出場します。
これもブロック大会出場を目指して頑張ります。
スポンサーサイト
Secret