福島H213月

長崎県福島周辺の瀬渡船「秀吉丸」にお世話になってきました。
上礁したのは名村造船所が見えるこの磯です。(この周辺には殆ど来ないので磯名等分かりません)
水深は沖でも7m前後と行った所でしょうか?
潮も動かず、沈み瀬等の障害物も視認出来ないので、出来るだけ遠投して狙いますが釣れません!

干潮前に何とか1枚仕留めましたが、その後は全くの無反応でした。
風も強くなり潮も動かず生体反応も無いので、正午過ぎには納竿しました。

福島H213月20

宇治群島で完全ボーズを喰らってきたK尻君は、疲れた体を引きずって同行してきましたが、釣れた?のは、保安官のバッジの様なヒトデが2匹。

保安官

ケンスケも保安官2号を襲名し、みんな悲しく帰路につくことになりました。
保安官2

とりあえず、ニューロッドは小型ながら本命をゲット出来たので良かったです。

ここの船長はなかなかの人物で最高です。

上礁時に「ここは良う釣れるよ~」と言われました。
しかし、回収時には
船長「どうやったね?」
ケンスケ「3人で1枚でした。」
船長「おぉ、ここで釣れたとね???」  なんやそれっ?(笑)
船長「ここんとは型の良かったろう?」
私「小さかったとです・・・」

他にも昔のエピソードは色々とあるみたいです。

渡船料金2,000円がとっても魅力です。
帰りには名物のイリコも買いました。
スポンサーサイト
Secret