20081213190911.jpg

長崎市内の江山楼で行われた柴原啓二さんの祝勝会です。
福岡からHACさんと海馬君と一緒に向かいました。
この会は、南潮会が主催し、釣り業界のお偉いさんやらメーカーさん等40数名が列席していました。

優勝カップ

柴原さんの優勝カップを持った姿を多くの人達がデジカメで撮影していましたが、何故か私と横浜から参加された神保さんが隣に割り込んでガッツポーズ。(邪魔やったかな?)
でもこのショットにも多くの人達がシャッターボタンを押していました。(爆)

私がお世話になっている、釣春秋やキザクラ、ヒロキューの大先輩の柴原さんの栄冠は、私にとっても凄く嬉しかったです。
言動、振る舞い等フィールドテスターという看板を背負う者の鏡的な存在の素晴らしいお方とです。
今日はたっぷり飲んで盛り上がりたかったのですが・・・!

乱入

この後は宮ノ浦まで3時間以上移動して、TEAM RIVALEのクロ釣り王者決定戦及び忘年釣り大会を行うので、HACさんは運転手なので一滴も飲まず。
私も主宰兼会長という立場なので、ビールを軽く飲んでいたのですが、そこには悪魔がいました。

ビールの一気飲みを何杯もし、酔っ払って「やられた~」を連呼している口悪NO2の海馬君は、すぐに人に振ることを大好物としています。
地獄の閻魔様より怖い某釣雑誌社の社長と盃を交わすと潰されることを知っている私は、適当に逃げていたのに、コイツは知らずに立ち向かい、「やられた~」を連呼しているのです。
それだけならまだ良いのに、「ここに居ますよ~」と私の所に閻魔様を連れて来たのです。
そして、コップを渡されイッキ飲みです。
「胃袋が無いけん飲めんですよ」と言ってもそんなの関係ありません。
5,6パイのビールを一気に飲まされてしまいました。
でもビールではあまり私は酔わないので大丈夫。

さて、宴も終わって宮ノ浦へ大移動です。
私は助手席でHACさんが退屈しないように会話に務めます。
ところが、後ろではグースカ大イビキ。
しばらくすると「しょんべんしたい」とご覧の有様です。
宮ノ浦まで3回ほどおしっこタイムでした。

私は一睡もせず、宮ノ浦に到着して仮眠しようにもなかなか寝付けずにメンバーが揃ったところで大会の運営です。

大会の模様はまた後で・・・!
酔っ払い
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/479-dac91f8a