FC2ブログ
この炎暑の中、毎週磯に出掛ける自分を褒めてやりたい・・・(笑)
体力には自信がある私ですが、さすがに疲れが溜まってきたとです。
大村湾のチヌ00

釣行翌日に、ゆっくり寝てのんびり1日を過ごしたい今日この頃。
来週の水曜日はお盆なので釣行しませんが、お墓参り等でゆっくり出来ません。

大村湾のチヌ1

さて、この時期に磯のチヌ釣りに行くことなど無い私ですが、お盆明けに坂本ちゃん率いる「銀鱗巧」というチヌ釣りクラブの第1回大会が大村湾で行われます。
私はオブザーバーとして参加させてもらうのですが、大村湾の磯には一度も行ったことが無いので、その下見も兼ねて坂本ちゃん達に同行させてもらいました。

大村湾のチヌ2

私と坂本ちゃんは、長崎オランダ村が見える湾奥の「パラダイス」という磯に上礁。
パラダイスという磯の名だけに、美人ホステスさんがお酌してくれるのかなと思っていたがそれは無かった。(当り前やん)

普段私のチヌ釣り仕掛けは、0.5号のウキを使用した半遊動をメインとし、狙ったタナを確実にキープする釣り方をしていますが、今回は全層沈め釣りもしくは、軽い仕掛けの半遊動沈め釣りで通してみようと課題を持って挑みました。
上層からゆっくりと探っていく釣り方がこんな湾奥のチヌ釣り場でも有効なのか確かめる意味も含めて・・・!

大村湾のチヌ3

釣り場の水深は6m程度と浅いので、軽い仕掛けの方が有利かなと思っていましたが、釣り座の違いも多少あるかも知れませんが、5Bの半遊動で狙っていた坂本ちゃんが釣る・釣る・釣るのたけしではないですか。
型も45センチ前後の良型を頭に正午までに13枚も。
当て潮でアタリが非常に取り難い状況の中、仕掛けを張ったままツケエを落とし込んだり底を這わせたツケエを転がしたり、状況を的確に判断し色んなテクニックを駆使して仕留める辺りは流石でした。

大村湾のチヌ4

私は終始軽い仕掛けの沈め釣りで通してみましたが、緩い当て潮なので海中にあるラインがわずかに引っ張られるアタリを取るのに苦労し、アタリが分からないままツケエが盗られるという感じでした。
こんな時にはウキを浮かせて、小さなアタリを視認した方が有効だと思いました。
やっぱり釣りは状況に応じて色んな釣り方を駆使しないといけませんね。
その釣り場に通い慣れた巧い人と一緒に行けば吸収するものが多いものです。

大村湾のチヌ5

今回は下見を兼ねていましたが、とても有意義でした。
そんな釣り方でも7枚釣ることが出来ました。
このパラダイスという磯はチヌが沢山いるチヌのパラダイスだったようです。
ここの本命潮は下げ潮だそうですが、この日は逆の上げ潮で終始当て潮でした。
もし、これが本命潮で狙っていたとしたら何枚釣れたのでしょう?
チヌの宝庫と呼ぶに相応しい大村湾です。

【使用タックル】
ロッド:ダイワ クレッサチヌ 0.8-53
リール:シマノBB-X TIPE1 2500D
道糸 :キザクラ フリーダムフロート 1.5号
ウキ :キザクラ KAZU競技M 00号、D.SUS 2B+ディンプルSPB
ハリス:キザクラ 全層アグレ 1.5号
ハリ :ささめ針 軽量チヌ2号
【マキエ】
オキアミ2角(6キロ)
ヒロキュー チヌ丸、イッキ浮かせチヌSP、チヌZ、チヌ煙幕、押し麦1キロ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/412-50ce2562