ラインカラー

フカセ釣りのラインカラー(道糸の色)については、人それぞれの意見が分かれる所だ。
透明色やブルー系統の道糸は、海中では目立たないのでウスバハギやフグ系統のエサ盗りに気づかれ難いというメリットがある反面、釣り人側の立場では、道糸の位置が分かりづらいし、全層釣法や全遊動釣法で狙う場合は、小さなアタリを道糸で取ることが難しくなる。

逆に、イエロー系統の道糸は、釣り人にとっては視認性も抜群だし、微妙なアタリも分かり易いメリットがある。

私の場合、後者のメリットの方を重要視している。
ウスバハギなどに悩まされるのは、年間を通しても1度有るか無いかの頻度でしかないからだ。

※最近、釣りメーカーのホームページも充実し、ユーザーからの意見等も掲示板を通して好き勝手に書き込むことが出来る環境にある。
それを見ていて、机上の空論というか、釣りを難しく捕え過ぎている様に思える。
もっと重要なことを攻略しないと釣果にありつけないケースが殆どだと言うのに・・・!

もっと、楽な気持で、楽しく、馬鹿話や釣果自慢の話題で、見ているみんなが笑い合えるような場であってほしいと思うのです。
スイベルと直結で釣果にどれほどの差が出るのかな?
それよりも、きちんとツケエが仕掛け投入時にハリに付いていますか?
1投毎にマキエと仕掛けを投入するタイミングや投入位置を考えていますか?
空バリのままいつまでも流していませんか?等々

釣りは理論よりも、実践を積み重ねて色んな状況に対処できる引き出しを増やすことが上達の近道なのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/304-dceaf07f