ハタ坊流

ウキ止めを付けずに、マイナス浮力のウキをゆっくりと沈めながら釣る「全層沈め釣り」は、エサ盗りも減って、総じてタナが深くなる寒グロの時期に威力を発揮してくれます。
この釣り方だと、横風や2枚潮でも抵抗が少ない軽い仕掛けで攻略可能なので、食い渋りのこの時期にはとても心強い釣り方だと言えます。
しかし、潮が緩い時などはポイントが遠くなる程、道糸の重みにウキが負けてしまい、仕掛けが手前に寄ってきてマキエとの同調が妨げられます。
また、瀬際狙いにおいてもタテに攻め辛いのが難点と言えます。

そこで、最近私がやっている釣り方が、キザクラの瀬際0号と、ステップエリア(S・A)を組み合わせたハタ坊流2段ウキ仕掛けなのです。
この 仕掛けは、鵜澤名人や山元名人の2段ウキ仕掛けと同じ様なものですが、下ウキにS・Aを使用することで、視認性も優れているし、潮受けが最高なのでユラユラと良い感じで沈んで行くのです。
この仕掛けだと、上ウキが支点になるので手前に寄ってくることも防げるし、瀬際も攻略可能だし、向かい風や横風が強くても下ウキをM・AやF・Aに変えれば悪状況にも対応出来るのです。

まだこの仕掛けを試し始めて間もないので、メリット、デメリットを完全には把握出来てませんが、年末の野崎島釣行時には効果を発揮してくれて、同礁した他の2名とは倍の釣果を上げることが出来ました。

これからの時期は、エサ盗りも減って産卵を控えたクロの食い渋りが顕著となりますので、この仕掛けがどれほど威力を発揮してくれるか楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/301-189fe1ee