鷹ノ巣1

2回戦のレポートを書き終えてアップしようとしたら、エラーが出て没!
よって、再度書く気力がなくなりましたので、簡単レポートでお許し下さい。
詳細レポートは、1月末発売の釣春秋に投稿すると思います。
鷹ノ巣6

阿部さんとの対戦は鷹ノ巣崎を東側に回りこんだ所の地磯です。
お互い初めて上礁するポイントです。
潮は殆ど動いていません。
クロは2ヒロ半から竿1本強のタナでヒットしてきましたが、アタリは小さくて微妙なウキの沈下速度やラインの動きで合わせるという状況でした。
釣開始早々、25センチ前後のクロがヒットしてきました。
そのうち良型ヒットポイントを発見したので、そこで2,3枚釣ってはしばらく休めて、再びそこを狙う釣り方でキロ級もゲット。

鷹ノ巣7


鷹ノ巣3

阿部さんもさすがにトーナメントの実戦経験が豊富なだけに落ち着いて釣果を重ねているようです。おそらくトーナメント慣れしていない人がこの時の阿部さんの立場だとしたら、完全に自分のペースを乱していたことでしょう。

我がリヴァーレの目的はそこにあるのです。
大会等に興味を持ちエントリーするのであれば、トーナメントの実戦経験が少ないと実力を発揮することは困難だと思います。
そういった場に出ても戸惑わないようにと、リヴァーレを発足させた次第なのです。

鷹ノ巣4


鷹ノ巣8

トーナメントは負けたら無茶苦茶悔しいけど、勝ってもヤッターと舞い上がるような喜ぶ気持ちは湧きません。
結果として次の舞台に進めるのは嬉しいけど、相手に対してはそのような気持ちは湧かないものです。
それはお相撲さんのインタビューと同様な感じでしょうか。
負けて悔しいのは相手に対してでは無く、自分の未熟さなどに湧いてくる感情です。

トーナメントに勝つことで名誉を得たいという気持ちも多分にありますが、自分の釣技向上を第1の目的としているのが事実なのです。

もし、私達の活動に興味がある方がいらしたら、気軽にお声掛け下さいね。
来年はロイヤルカップ形式の予選方法も考えています。
メンバー全員が和気藹々と切磋琢磨し、メジャートーナメントの舞台に立つことを目標に頑張っています。
鷹ノ巣5
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/263-9fc9efbb