チヌ釣りの面白さは、軟竿が弧を描く様を堪能しながら優雅にやり取りが出来るところや、前アタリから針掛かりさせるまでの駆け引き、一日数回の少ないアタリ等、ある意味イシダイ釣りにも似ている点があると思います。


私の中ではクロ釣りも一段落したので、これから5月後半まではチヌ釣り一色となります。

その目的はM-1チヌ全国大会。

せっかく掴んだチャンスなので、やれることはやっとかないとですね。


そんなわけで、一緒に全国へ参加する銀鱗巧の梅ちゃんと一緒に、M-1チヌ全国覇者の平野さんにお願いして同行してもらいました。


小雨が降り続く一日でしたが、朝8時出港の夕方5時までしっかりと学ばせてもらいました。


IMG_7755.jpg


今回は、キザクラから新発売される、黒魂Aceを初使用です。

どのウキを使用しようかと迷っていたら、泊まりに来ていた孫ちゃんがLLサイズの000号を選んでくれました。(笑)


IMG_7747.jpg


ゆっくり準備して8時半釣り開始です。

せっかくなので、90分釣り座交代でのトーナメント形式で釣り始めました。

なかなか厳しくてでアタリがない状況が続きましたが、小型が釣れた後に場所交代してまぁまぁのチヌが釣れました。


とにかく引きが強くて最後まで抵抗するのでやり取りは存分に楽しめました。




IMG_7762.jpg


そして、この日最大となる51センチのチヌが釣れてくれました。


IMG_7750.jpg


作戦的中でしてやったりの一尾にもう満足。


IMG_7767.jpg


その後は小型を追加して計4尾の釣果でした。

黒魂Aceは遠投性はもちろん、000でもアクセルと違ってゆっくりと沈んでいくので、浮いてきたチヌのアタリも確実に捕らえることが出来そうな感じでした。

そう少し使い込んで特性を把握したいと思います。


釣っていて海の模様が微妙に変化した時、なんか釣れそうだなぁと思っていた時に、同じように平野さんや梅ちゃんも感じ取っておられます。

それに、マキエの投入精度や仕上げ方等はとても勉強になりました。

私のマキエは自宅で作っていきましたが、水分調整、練り具合、配合餌のチョイス等もっと極めないとダメだなと思いました。


広島で戦うためには遠投力が必須とのことです。

それまでにもっと精度を上げて後悔しないよう努力しないといけないです。


IMG_7760.jpg


さぁ、今度の日曜日は黒鯛祭です。

雨の予報ですが、気温が高いのでなんとか開催出来そうです。

参加者は85名程となっています。

ご参加頂く方々、当日はよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
Secret