チヌ釣りもひと段落しましたが、10月第1週からは、M-1とジャパンカップのセミファイナルが控えています。

練習も大事だけど、たまには豪快に息抜きも必要・・・!

てなわけで、今年一度もやってない底物釣りに行ってきました。

単独釣行なのでどこに行こうか迷いましたが、天気予報と潮、自宅から近いところを考慮し、壱岐へと決定。


中原釣具へ渡船とエサの予約を入れ、午前5時出港の玄海へ乗り込みました。

この日は平日なのに、20名程の釣り人が来られていました。


上礁場所は船長任せです。

まずは上イズミ、下イズミへと上礁が進んでいき、次行きますよとのことで、名島のノリ瀬に他の底物師さん2名と同礁させてもらいました。


今回持参したエサはガンガゼ70個。

底物釣りでは初めて上礁しましたが、磯の形状等から中遠投ポイントだろうと思い、Mr.Ishidaiの爆釣ゴムテンビンをセットした捨てオモリ仕掛けで釣り開始です。


カウンター20m程に着底させて、少しづつ手前に引いてポイントを探っていると、17でアタリが出ました。そのまま待っていると次第にアタリが大きくなりギュイーンと走ってくれました。

そして、1キロちょっとのイシガキが宙を舞いました。

活性の高さはバッチリです。

急いで打ち返して、2時間ほどで5枚をゲット。


IMG_6789.jpg


そして潮返しの午前9時過ぎ、重々しいアタリで合わせると重量感たっぷり。

ゴクンゴクンと首を振る引きは、もしかしてホンイシか?と巻き上げます。


やがて海面を割ったのは七縞模様鮮やかのメスのイシダイでした。

針掛かりを確認し、ブリ上げたのは実寸61センチ。(嬉)

めっちゃ嬉しい1尾でした。


IMG_6791.jpg


もう今日はこれで満足。

しかし回収まで5時間以上も残っています。


フェイスブックにアップしたり、たくさんの祝福コメントに返信したりしながら、のんびりとしていましたが、エサも時間もたっぷりあるので、再び釣り始めると、下げ潮に入ったからなのか、アタリがほとんどありません。


しばらくすると、仕掛けが着底する前にアタリがありガゼが盗られたので、再びチャンスかと仕掛けを再投入すると、着底と同時にギューンと来ました。


今度の重量感は半端ないぞと一生懸命巻き上げます。

ところが、途中から沖に向かって走り出すし、なんか引きが違います。


なんとイシダイ釣りで初めてマダイを釣りました。

75センチのデカバンでしたが、これも抜きあげました。(笑)


その後はドキッとするアタリも無く納竿。

さて、釣った後の処分をどうしよう?

イシダイやマダイはデカすぎて我が家では捌けないし、こんなに食べることは不可能!


イシガキで十分なので、マダイは出港地の近くに住んでいるリヴァーレの仲間に岐志港まで取りに来てもらい、イシダイとイシガキは、鶴ちゃんに電話して、まんぷく屋大名店に持ち込みました。


IMG_6866.jpg


IMG_6874.jpg


釣行翌日の昨夜、家族で頂いてきました。

沢山の品数を準備してくれていたのですが、食べるのに必死で写真は殆ど撮っていませんでした。

特に脂ノリノリのイシガキは最高!!


IMG_6879.jpg


これからのシーズンが釣り物も豊富で味も良くなりますね。

秋磯が年間でも一番楽しい時期です。

さぁ、みなさん!

どんどん釣り場に出かけて日頃のストレスを発散しましょう!!

スポンサーサイト
Secret