呼子イシガキ

出港は午前4時半でしたが、福岡を前夜11時に出発して呼子でエギングしましたが不発。
今日は底物狙い。
ベタナギということで平瀬に上礁しました。
エサはガンガゼとバフンウニ。
釣り始めてすぐに、私の竿がゴン、ゴン、ギュイン、ぽわん!
もう一息で海面に突き刺さるアタリでしたが残念・・・。
呼子沖の名礁

その後はアタリも潮も止まってしまい沈黙の海になってしまった。
そこで、磯ビナ獲りに励んでいると船が来たので小川島のテトラへ瀬変わりしました。
ここでは本命の上げ潮が流れ出して期待が膨らみましたが、何度仕掛けを打ち返しても竿先は微動だにしません。
勿論エサはペロンともされていない状況です。
今日は完全ボーズと諦めかけていた時に1本の電話が・・・!
かけてきたのは釣春秋のデッパ平塚君で状況説明していると、「カクカクシコシコ最後の手段は・・・」とのこと。
回収1時間前でしたが、仕掛けと釣り方を変更すると、なんと1発で竿が舞い込んで1,6キロ(帰宅後検量)のイシガキ隆二が釣れました。
流石に魚なので毒舌ではありませんでしたが、とても嬉しい1枚となりましたとさ。
そんじゃ、今からイシガキの刺身で一杯やるとしよう。

gaki

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/176-89b19cef