1月15日は田中修司氏率いる銘技会主催の第10回ファイヤーカップに参加させてもらいました。

元旦からの風邪が治らないまま、前日の出発時には更に酷くなった状態で、キャンセルも考えましたが、福岡や、佐賀、長崎のリヴァーレメンバー等7名を誘っていた手前、私が行かないとなるとみんなに迷惑が掛かると思い強行出場です。


大寒波襲来のこの日、外気温は-3度です。

湯布院に入るとなんと-4度まで下がりました。


IMG_5081 (2)


会場に到着すると、寒さに加えて凄い爆風が吹いています。

お天気ナビゲータでは、北西風13m前後が一日中続きそうです。

風裏でも10m以上吹くと、釣りをするのは厳しい状況です。


参加者は110名。

私の抽選番号は104番と今年も健在です。(なぜかホッとするとです。)

6隻の瀬渡し船に抽選番号順に乗り込んでいくのですが、私が乗った若戎丸には、560君、ヤナちゃん、浜ちゃん、かっぱちゃん、大ちゃん、ミゾカツ君とプライベート釣行みたいです。

おまけに私はミゾカツ君と同礁でした。(笑)

小貝バエという磯に上がりましたが、私は初めてのポイントです。


IMG_5084.jpg


釣り始めるとツケエは毎投取られますが、エサ盗りかクロなのか分かりません。

足場も低いのでウキが視認できず、道糸でしかアタリが取れないのですが、強風でそれも非常に分かりにくい状況です。

辛い時間が過ぎていき、イヤーな予感が漂いだしましたが、ふと前日出発前にグレ針の2号をポケットに入れたことを思い出しました。(普段は3号までしか持ってない)

ハリスも1.25号に落として狙ってみると、ラインを引っ張るアタリがきました。

しかーし、釣れたのは20センチくらいのウマズラハギ!(こいつが犯人か)


そこで潮下に先打ちマキエを4.5杯、その2m程潮上にすこし時間をおいて2杯のマキエを打ち込んで、そこへ仕掛けを入れてみると、仕掛けが馴染んでしばらくして、道糸がピーンと引っ張られました。

これはグレちゃんの引きです。

30センチ弱だけど、とりあえずクロの顔が見れて一安心。

しかし、その後は再び沈黙。

とにかく風が強すぎて、沖目でマキエと同調させるのが困難なのです。

少しでも風が息をついた瞬間に仕掛けを入れても、良い感じで仕掛けが入っていったなと思った瞬間に、またまた爆風が吹いてはぎとられてしまいます。

もう帰りたい・・・!


その後、左流れの潮が動き出したなと思っていたら、30センチオーバーのクロを追加することが出来ました。

検量は3尾重量なので、あと1尾と頑張りましたが追加することが出来ず・・・!

港に戻るとどこも爆風で厳しい状況だったようです。

3尾検量に出したのは数名ほどしかいませんでした。

私の船も3尾以上釣ったのは1人だけで、なんと私は船中2位となり、総合で12位に入ることが出来ました。(横取り方式)


表彰式では豪華な賞品が盛りだくさんです。

抽選会も大盛り上がりで幕を閉じました。

また来年もぜひ、参加したいと思える素晴らしい大会でした。

運営スタッフの皆さん、どうもお疲れ様でした。


IMG_5086.jpg


さて帰りは更に風邪の症状が悪化して、唐揚げも味がしないほど・・・(涙)

ふらふらで帰宅して、翌日は会社に出たものの咳も鼻水も止まらない状態で、病院に行って帰ってきました。


2日経ってようやく回復の兆しとなり、昨夜は私の店舗の新年会ということもあり、キャナルシティ博多のグランドハイアット1階にある「ウルフギャング」で贅沢な食事を堪能!

高級な雰囲気で私達には少々場違いかなとも思いましたが、元気を取り戻すべく、ガッツリ食べてきました。

さすがにアルコールは、生1杯とグラスワイン2杯だけで、2次会には行かずに帰宅したという、おりこうちゃんな夜でした。(笑)


IMG_5095.jpg



IMG_5097.jpg


IMG_5099 (2)


次回は25日、再び米水津へ向かいます。

それまでには風邪を完治させないと・・・!

スポンサーサイト
Secret