新鮮な魚介類を食べることが出来る幸せを釣り人は持っています。

これから旬を迎えるヤリイカやイシガキダイは超絶品です。

特にイシガキダイは底物釣りをする人しか馴染みがないかもしれません。


私は年間を通して、クロをメインに色んな釣りを楽しんでいますが、この時期は底物釣りもやるんです。

ホントは5,6月、10.11月のイシダイシーズンにハマってやりたいという気持ちはあるのですが、この時期は上物釣りの大会等が重なっているので、上物釣りがオフシーズンとなるこのくそ暑い時期に灼熱の磯に数回出かけているのです。



IMG_4040.jpg


そんなわけで、毎年この時期にお世話になる、平戸の土肥釣りセンターさんに昨日(20日)行ってきました。

同行したのは福岡市中央区で活魚料理や海鮮居酒屋を数店営む鶴ちゃん!

チヌやイシダイ釣りの熱血漢!

それに料理の腕はピカイチで、とても美味しい料理を食べさせてくれます。

この日も手製の弁当(超絶品)を食べさてくれました。


さて、肝心の釣りは、生月島小鯨に上がりました。

狙いの三ツ瀬は、潮が大きく釣りずらいのとウネリが残っているので断念しました。

この磯は水深がとても浅くいのですが、最近はホンイシの良型が良く釣れていたとのことです。


釣り始めると、イシガキの小型が一瞬でエサを盗っていきます。

その状況がしばらく続いていましたが、潮止まり前には、それまでのアタリ方が活発になってきて、穂先をグイグイ叩いてきました。

これは走るなと思っていたら、案の定まずは私がイシガキをゲット。

そして下げ潮に入ると、イシガキらしきアタリはあるのですが、走ってくれるような元気なアタリは出ませんでした。


下げ止まり前に、またまたアタリの出方が明快になってきたと思っていたら、なんと鶴ちゃん3連荘でイシガキをゲットしました。


IMG_4043.jpg


そのまま正午の回収を迎えましたが、上物釣り以上に潮に対して活性の上がり方が底物には現れます。

上物釣りでもそうですが、海の様相や潮変わり前後にはチャンスタイムが訪れるものです。

特にチャンスタイムが少ない底物釣りでは、その一瞬のチャンスをモノにしないと釣果に結びついてくれません。

にわかイシダイ釣り好きの私は、イシガキでもあのアタリを味わえるだけでこの釣りが面白いと感じます。

上物釣り師の皆さんも、夏場をオフシーズンとせずにこの釣りを楽しんでみることをお勧めします。

意外と手軽に出来るものですよ。

スポンサーサイト
Secret