IMG_3923 (2)

熊本地震の影響を受けた由布岳の山肌!
自然災害の凄さをまざまざと見せつけられる光景ですね。

さて、今年も私にとっては一番のイベントが始まりました。
シマノジャパンカップ磯の予選大会です。
今年は米水津と宮ノ浦の2大会に応募していました。

まずは一発目です。
くじ運は勝負を大きく左右しますが、私はくじ運が昔から良くありません。(涙)
今回も193名の参加者から引いた番号は193番。(笑)ドンケツやし・・・!
おまけにホワイトボードには192番までしか記載されてませんでした。(爆)
戦う前に失格?(爆笑)

そういえば数年前の宮ノ浦大会でも、ドンケツ番号から勝ち上がったことがあるし、まぁ、なるようになるさと思い2番船に乗り込みました。

IMG_3903.jpg

2番船でも帰港したのが一番最後だったので、空いている磯探しが大変です。
まずはカイドクの手前あたりから数組を降ろして、横島に1組。
その後は湾内側へ向かい、白子の地へ。

IMG_3905.jpg

時計の針は競技開始の6時を指しています。
最後に私たちが上がった磯は、こんなところです。
この辺は上がったことも見たことも無いので、なんと言う磯かわかりません。

IMG_3907.jpg

たぶん、この辺だと思います。

00_turimap02.jpg

今回はマジでもう諦め気分でした。
明日頑張ろうとか思いながら、優先権がない私は内向きで釣り始めます。
予想ではエサ盗りわんさか、コッパやアジいっぱいかなと思っていましたが、ネンブツダイやキタマクラがいる程度です。
前半は対戦者にキーパーが2匹釣れていたようです。
釣り座交代時間が迫ってきたころ、私の釣り座がすごくいい感じで潮が流れ出しましたが、なんとアジゴの登場です。

釣り座を変わるべきか迷いましたが、その潮を見切って釣り座交代を選択しました。
これが結果的には吉と出て、満潮の潮どまり前に30センチオーバーを2尾ゲット。
下げに入ってからは、エサ盗りも消えて魚っ気がない状況が続きましたが、なんとか終了までに2尾追加することが出来ました。

しかし、最初の組が上がった場所等を考慮すると、箸にも棒にもかからないだろうと完全に諦めていました。
翌日の大会は延期になったとのことで、延期日は参加できないので宮ノ浦で頑張ろうとか思いながら船を待っていました。

一応検量に出しました。
結果発表を見てビックリではありませんか。


IMG_3917 (2)

なんと、ギリギリ滑り込みすることが出来ました。(喜)
これで8回連続、計9回目のセミファイナルで戦うことが出来ます。
今年も美味しい豪華弁当食べに鶴見に行くぜっ!(笑)

IMG_3912.jpg

IMG_3914 (2)

私のグレ釣りを助けてくれたアイテム達、ありがとう!!

IMG_3924.jpg

ハードだった1週間でしたが、今日の大会が無くなったのでゆっくり休養することが出来ます。
次回は黄島で石鯛釣りの予定です。
銀ちゃんよろしくね。
スポンサーサイト
Secret