昨日(24日)は、リヴァーレメンバーのO槙、ミゾグチ両氏と米水津のえびす丸さんでグレ釣りに行ってきました。

予報では南東の風が昼頃には9mということだったので、早めの回収もあることを想定していました。

この日は我々だけしか居ませんでしたので、南東風には背風となる沖の観音に上礁することになりました。


背後からのうねりは気になりますが、釣りには支障ありません。

釣り始めると、1投目に35センチクラス、その後もコッパから30センチクラスまではよく釣れました。


IMG_3856.jpg


15時の回収まで、型は出ませんでしたが数釣り出来て楽しい時間を共有しました。

的確な天候判断、磯選びをしてくれるえびす丸の船長さんとです。


ジャパンカップ予選はキーパー5匹の中に40センチ級を2匹含めることが出来た人が抜ける可能性が高いような気がしました。

しかし、こればかりは自然が相手なのでなんとも言えませんね。


IMG_3854.jpg


心配なのは梅雨前線ですね。

これから秋までは、南からのウネリが入ってくることが多く、南に面した釣り場が大半の米水津では使えない磯が多いのです。

再来週末に控えたJC米水津も、まともに2日間釣りが出来るのか不安ですね。

例年のことながら、出港時間を遅らせたり終了時間を早めたり、途中回収だったりすることは覚悟しといた方が良いでしょうね。

なにより、安全を最優先に選手の方は心がけましょう。


そこで、釣行時における予報から釣行を決行するかどうかの私なりの判断の仕方をちょこっとアドバイス。


下の画像は、お天気ナビゲータの有料サイトです。

渡船の船長さん達も参考にしていて、私もこれで釣行場所等を決めています。

10日先までの風向や強さの予報が見れるので、釣行数日前から釣り場の予報をチェックしながら釣行場所を絞っています。

かなり高確率で風向きや強さは当たりますよ。

雨の予報はコロコロかわるので、前日判断が無難ですが・・・!


簡単な見方のアドバイスです。

この予報が米水津だとしたら、朝の間はなんとか出来そうですが昼にかけて南東の風が強くなっていますね。

これでは早めの回収もあるし、予報より早く崩れる可能性もあります。

ましてや雨8mmはアウトですね。せいぜい2.3mm位までが耐えれる雨量です。

これだと釣行は控えた方が無難ですね。

こんな時は、大分県南方面では鶴見湾内が良いでしょう。

また、平戸宮ノ浦では、雨さえ気にしなければ、北・西向きの好ポイントで快適な釣りが楽しめます。

五島も西磯に行けばベタナギですね。

宮ノ浦や五島で最悪な風向きは南西です。

ウネリが入ってくるし、ほとんどの釣り場が使えません。

こんな感じで数日前から予報をチェックしながら釣り場を選定しています。

これ以外には、気圧配置図も重要ですね。



IMG_3861.png


決してヤホー等のサイトの予報を参考にしないでください。

あれは外海の波の高さだし、風の強さは街中の予報です。


釣り場では3倍位の風が吹いていますし、波の高さなんか、風向きに寄っては2mでもアウトの場合もあるし、3mでもベタナギだったりすのです。

さすがに4m以上だと釣り場に行きつくまでが大変なので控えた方が良いでしょうが・・・!


私が懇意にしている渡船屋さんは、このような判断の仕方はもちろんのこと、釣り場に渡っても、釣りになるかどうかを考慮したうえで船を出すか否かを判断しています。


これから7月まで大会や遠征等で休日は釣りの予定でいっぱいですが、良い天気に恵まれて安全に釣りを楽しみたいと思います。

スポンサーサイト
Secret