風邪をこじらせ最悪な体調でしたが、釣りに行くことが一番の薬だということで米水津へ・・・!
福岡からリヴァーレメンバーの熊ちゃんとO槙君と大分道を南下し佐伯に向かいます。
かわの釣具店で湯布院のミゾグチ君と合流しました。
今回は午前5時出しの功明丸さんにお世話になりました。
この寒さと体調では午前3時の便に乗るのは勇気が出ませんでした。

まずは沖黒方面へ船を走らせます。
長ミゾ・ビロー下・ウドバナ・東のサラシといった有名ポイントは当然空いていません。

1_2016021811142616d.jpg
「カベとテラスが空いちょるき、足場は悪いがあんたたちは、ワッカけんよかろう?」と親父さん船長!
そんなわけで私と熊ちゃんは「カベ」へ上礁です。
瀬付けする際、断崖絶壁で釣る場所あるのかな?コワッと躊躇しそうになりましたが、とりあえず上礁完了です。

2_20160218111427f08.jpg
こんな絶壁に狭いところから釣るとです。(汗)

周囲が白み始めたころからゆっくりと準備に掛かり、完全に夜が明けるまで足元にマキエを打ち続けていました。
この時期の水温低下で安定しない時は、朝マズメはとても貴重なチャンスとなることがあり、これを逃せば撃沈食らうことも・・・!

3_20160218111428264.jpg

今日は100%の雨男(ミゾ○○)君と一緒ですが、なんと晴れています。
釣り座も風裏なので、久々のDear G 0シブからのスタートとなりました。

その1投目の出来事が、ご覧のクロなんです。
帰港後検寸すると49.5センチもありました。

4_2016021811142953a.jpg

熊ちゃんも47センチをゲット。
体高があり立派な魚体です。
5_20160218111431d1b.jpg

6_20160218111505c24.jpg
テラスに上がったO槙君も最大44センチをゲットしていました。
彼は大阪から転勤してきて九州の釣りを満喫しているようです。
「九州は夢の島ですわ・・・なんやねん、ほないきまひょ・・・」と関西弁でまくしたてます。(笑)
いつもその言葉を聞くと、なぜかうまい棒が浮かんできます。(笑)
7_201602181115063cf.jpg
午後3時回収です。
O槙君と同礁したミゾグチ君は夕方まで居残りするそうです。

8_20160218111508b04.jpg

この日の潮は長潮!
満潮が午前10時頃でしたが、満ち潮に変わると活性が上がるのかと期待しましたが、深く入れ込んでもツケエは付いたままでした。
エサ盗りも午前中は足元にカワハギやハコフグがチラホラ見えていましたが、その後は何もいない海となりました。
30センチ程のクロ2枚はリリースして持ち帰りは7尾です。
数釣りも楽しいけど、こうやって試行錯誤しながらの釣りがどちらかといえば好きですね。
出来ればあと4,5匹位釣ることが出来れば満足ってとこですが・・・!

9_201602181115093dd.jpg

※なんと100%雨男君はわずかですが途中雨を降らせました。(笑)
伝説はつづく・・・!
スポンサーサイト
Secret