9月に入り秋の気配も漂いはじめました。
そろそろクロ釣り始動と思い、栗坊を誘って鶴見に行こうと思っていたのですが、なんと定休日とのことでした。
米水津は台風の影響で無理だろうし、前日の予報を見ると九州北部も北東風12m以上、波高4mを告げていました。
普通に考えたら中止でしょうが、ふと九十九島湾内だったら大丈夫やんと思い、佐世保の御大でもある金澤名人に連絡してみると、南九十九島湾内でコッパクラスから25センチ前後に混じって30センチオーバーも釣れるよ。とのことでした。
そんなわけで、船の手配や釣り場の選定等までお願いしてしまいました。(感謝)

午前6時、鹿子前の竹内商店さんの船で天目島に上礁です。
強風が吹き荒れていますが、ここは風裏なのでなんとか釣りは出来そうです。



道中は雨が降っていましたが、このころには青空が広がり虹までも拝むことが出来ました。
今日はこの秋発売予定の、Dear Gの進化版の試釣も兼ねているのでタフコンディションは歓迎です。
実物をお見せできるのは10月頃になると思いますが、これまでのDear Gで攻略しづらかった状況を克服するための改良を施したウキに仕上がっています。
どんなウキかと簡単に申しますと、感度、潮噛み、他の遠投用ウキよりも小粒ながらもそれ以上の遠投性能を備え、強風時に沖目の深ダナを探っていく際や本流釣りにおいても、道糸の抵抗によりウキが筋からズレることなくしっかりとマキエを同調してくれます。
また、浮力も5B~000までをラインナップし、ネリエを多用するチヌ釣り師の方にも気に入ってもらえるのではないでしょうか。

013_20150910071553772.jpg

さて、上がった釣り場はこんなところで、南九十九島ならではのチヌ釣り場って雰囲気ですね。
足元にマキエを撒いて様子を見ると、アブッテカモが寄ってきますが、活性はさほど高くはなさそうです。
その下にはコッパグロの姿も見えます。

009_201509100715499b7.jpg

まずはちょっと沖目に仕掛けを入れてみると、モヨモヨ~ンとした渋いアタリ。
軽く合わせてみるとグイーンと引くではないですか・・・!
1投目で28センチ位のクロが釣れてしまいました。(嬉)
湾内の磯なので、このサイズが釣れてくれたら満足です。

「アジも良い型が釣れるよ~」と金澤名人が言っておられた通り、なんと栗坊がこんな良いサイズのアジをゲットです。
これが5匹位釣れたら、それだけで満足よねぇ!

016_201509100716227e8.jpg

そうこうしながら、コッパに混じって時折25センチオーバーも釣れ、30センチ前後の良型もポツポツとヒットしてくれました。
栗坊もDear Gの愛用者!
最近は安定した釣果を残しているし、何より親子で釣りに対して熱いです。
真夏でも波止チヌに毎週のように通っているし、こうやって平日に有休や代休を使って私に同行してくれます。
車中では、色々と質問されることも多くなって、上達したいという強い意欲が感じられます。多分、ライバルの次男坊に負けられんと思っているのでしょう。(笑)

014_20150910071620878.jpg

もう一人の同行者は、栗坊を父親みたいに慕っているシゲちゃん。
彼はまだ24歳(童貞)。風俗以外での初体験を期待する。
父親は私と同じ50歳だとか・・・(汗)
私の事は昔から雑誌等で見ていて、リヴァーレに入って来たのですが、正直釣りのレベルは波止専門のファミリーフィッシングに毛が生えた程度で、仕掛けやマキエ投入、魚とのやり取り等、どこから教えていいのかというレベルでした。
それが、ここ2年位で栗坊の指導もあって上達していました。(驚)
マキエや仕掛けも遠くに投げれる様になっていました。
まだまだ大会等に参加するには3.4年位は掛かりそうですが、頑張って上達してほしいものですね。
しかーし、私と一緒に釣りに行くメンバーの多くは、DEAR Gはもちろん、ヤイバのハリを使用してくれている人が大半なのですが、このお方、ウキはT社、ハリはO社(苦笑)
君には釣りは教えんと思いました。(核爆)

011_20150910071551574.jpg

私も刺身サイズのアジを3,4匹、クロの25センチ~30センチクラスは5.6匹ゲットしていましたが、これは強い引きで楽しませてくれました。
35cm位でしょうか。
湾内でこのサイズは、五島での45センチに値するでしょう。(ドヤ顔)

012_201509100715522b5.jpg

こうして今シーズンの秋磯も開幕を告げました。
10月はヤイバ磯祭ファイナル、ジャパンカップ磯セミファイナルも控えているので、ニューアイテムを味方になんとか結果を残したいと思います。
頑張る象!パオーン!!
スポンサーサイト
Secret