002_2015072212075731d.jpg
中洲石鯛クラブさんの沖ノ島大会に、オブザーバーとして参加させていただきました。
沖ノ島へは15年ぶり位の釣行です。
福間漁港から出港する恵比寿丸に、総勢20数名の参加者の方と乗り込みます。
私とnaoさんペアは御門のタカリへよじ登っての上礁です。
↑の遠景は沖ノ島本島。
↓は小屋島です。


強風、ウネリで足元は真っ白白助状態ですが、カウンター15位でガキらしきアタリで2個掛けしたバフンの1個だけを少しかじる状況が続きます。
活性が低いなぁと思いながらも、アタリがあるポイントを執拗に攻めてましたが、次第にエサが盗られるようになってきました。
活性が上がったのかなと、少しタナを上げてみますが走りそうなアタリは出ません。
目先を変えて、ちょっと遠投してベタ底を狙ってみると、着底してしばらくするとゴツンと竿先を抑え込むアタリです。
もしやと思い、足元のウネリにラインが持って行かれないように注意して構えていると、ゴツン・ゴツン・ギュギュギューンと走ってくれました。
しっかりと合わせを入れて巻き上げると、綺麗な七縞模様が海面に・・・!
イシダイ釣りは前アタリから走るまでのドキドキ感、合わせた瞬間のズシンとくる重量感、そして海面に浮いてきた時の精悍な魚体は釣り人に至福のひと時を与えてくれます。

上物釣りと違って数釣ることは難しいけれど、たった1匹でも釣れたら満足する釣りがイシダイ釣りなのです。

004_2015072212075995c.jpg

検量後は場所を移して表彰式兼懇親会でした。
なんと私・・・3位に入賞してました。(驚)

薬院宝雲亭のオーナーで、中洲石鯛クラブの中村会長のご挨拶です。
この後じゃんけん大会がありましたが、中村会長のじゃんけんの強さは半端ではありませんでした。
全員を相手に3回?も一人で勝たれてやり直しされてました。(笑)
私は1度も勝てませんでした。

005_20150722120800c65.jpg

中洲石鯛クラブの皆様、ご参加されたオブザーバーの皆様どうもお世話になりました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

これから秋に向けてフカセ釣りに移行します。
イシダイ釣りは来年の春までおあずけかな?
でも行きたいなぁ・・・イシダイ釣り!!
スポンサーサイト
Secret