福岡市から2時間以内で渡船基地まで行ける離島の好釣り場は、宗像沖の沖ノ島、長崎県壱岐、二神島が代表的ではないでしょうか。
いずれも良型の磯釣り対象魚の魚影も濃い好釣り場なのですが、シケが多い冬場はなかなか思うように行けないものです。特に私は平日釣行が主体なので、予定しても人数が揃わなかったり、シケで船が出なかったりするので、釣行対象から外してしまっていました。

今回は新たにリヴァーレに入会した和尚さんの御誘いもあって、二神島に初チャレンジしてきました。
福岡から出港地の名護屋港まで約1時間半。(近くて楽ぅ~)

港を出て40分程で二神島へ到着です。
予定では親二神のSOSという特級ポイントに上がることになっていましたが、海苔がびっしり岩に付いていて危ないとのことで、対岸の人形岩へ上がることにしました。

(写真左がSOS、右が人形岩)
二神島2
ここも海苔でズルズルな所が多くて注意が必要でした。

遠くに見えるのが小二神ですね。
二神島5

明るくなって釣り開始です。
ん????潮が動かない!

足元のマキエにはエサ盗りの姿すら見えませんが、沖のやや下のタナにはアブッテカモがいるようです。
マキエと仕掛けの投入点を変えながら狙っていると、30センチクラスのクチブトがヒットしてきましたが、サイズが物足りません。

ポイントを休ませながらの釣りなので苦労させられますが、それが正解だったようで、休ませた後の1投目に重量感ある引きが・・・!
なんとか40センチオーバーを引きずり出すことに成功です。
二神島6

和尚さんもアタリが遠く苦労していましたが、マキエワークをアドバイスしたら30センチ位をゲット。(ルフィーみたいに手が伸びています。)
二神島4

型には不満でしたが、数はボチボチでした。

二神島3

これで今シーズンの寒グロは終わりです。
5月まではチヌ釣りですねぇ!
退屈な釣りにならない様、チヌちゃん元気出してね!
スポンサーサイト
Secret