明けましておめでとうございます。
年末年始の連休も今日で終わりとなりました。
良く飲みました~(笑)
本年もよろしくお願いいたします。

例年初釣りは五島がお決まりでしたが、今年は夕方から親兄弟が集まるとのことで宮ノ浦に行くことにしました。
同行してくれたのは、えっち老(原君)とゴン蔵(古瀬君)とそのお連れの方です。

渡船は勿論、丸銀釣りセンターさんです。



午前4時過ぎに港へ到着、5時の便で出港です。
満潮が8時ごろなので、それまでは志々伎崎の一のハエに全員で上礁しました。

まずはお神酒を捧げて、今年も安全に釣りが楽しめます様にとお願いしてエギング開始ですが・・・無反応!
しからばワームを装着して根魚狙い・・・無反応!
やがて明るくなってきたのでクロ釣り開始・・・コッパの猛攻!
なんとか30センチ前後を3匹ゲット!

004_2015010410475302f.jpg

ここでは2時間位竿出しして、見回りの船に乗り込み尾上島の平瀬へ向かいましたが、ウネリが残っているので上礁はやめて北の水道にえっち老君と上がりました。

008.jpg

足元のマキエには小魚1匹姿を現しません。
先日までの寒波の影響でしょうか?
上げの潮が残っているので、そこへ仕掛けを投入するもツケエは盗られてしまいます。
足元には居ないアブッテカモ(スズメダイ)が潮の中では健在のようです。(汗)

005.jpg

さてどうしよう?
このアブッテカモが上層に湧いてくる状況だったら、クロも浮いてきてくれるのでマキエワークで交わせると思うのですが、2ヒロ前後のタナでエサを盗っているような感じなので、なかなかクロを釣りきれません。
やっぱ五島とは違いますな!(大汗)

009.jpg

上げの潮が緩みだした時に、クロの活性も上がってくれたようで、バタバタと30~35cmクラスがヒットしました。
しかし、下げの潮が志々伎崎方面へ流れ出すと再び沈黙!
その潮の流れの向きが変わった時にキーパーサイズのクロを数匹ゲット。
14時回収なので、30分前には釣りをやめて磯の清掃をして帰港しました。

年末に下五島で楽な釣りをしてきたので、非常に難しい釣りとなりましたが、これはこれで面白いとです。
せめて40センチクラスを1枚でも仕留めたかったのですが、次回に持ち越しです。

モトバンの横に瀬替わりしたゴン蔵君は、ベタ底で良型を2枚ゲットしていました。
チヌ釣りの様なズボ釣りで釣れたそうです。(驚)

ツケエはマルキューのスーパーハードだそうで、私も数種類のツケエを使用しましたがスーパーハードの食いが一番良かったように思えました。

011.jpg

伊万里のまるきんでえち老君と別れて帰路につきますが、通常だと1時間半位で自宅に着くのに、帰省ラッシュのおかげで2時間半も掛かってしまいました。

今年の釣りシーンではどんなドラマが待っているのでしょうか?
大会等の参戦は限られたものになると思いますが、今年もヤイバXやキザクラのアイテムを駆使して頑張って行きたいと思います。

TEAM RIVALEの活動もメンバーのみなさんで盛り上げていって欲しいと思います。

まずは3月8日に黒鯛祭を開催しますので、オブザーバー参加の皆様、予定を空けておいてくださいね。

実行委員長は、チヌ師、久保川 剛君ことつーたんがやりますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret