昨日は、今シーズン最後のメーカー主催の大会でした。
私が休みの水曜日に開催してくれる大会だけに、気兼ねなく参加することが出来ました。

ゼッケン番号は86番。
ブラックヘリオスで上阿値賀の北のハナの内側の方に上がりました。

潮行きは良いのですが、なかなか思ったように流せずにアタリを捕えることが出来ません。

しばらくすると潮が緩んできて対戦者にクロが釣れました。
これはチャンスタイムかなと気合が入ります。

少しすると、私の釣り座の流れがゆっくりと右側(潮下)へ流れだしました。
風と流れが同方向でポイントも遠いので、道糸が潮下側へ膨らんでしまい、仕掛けを張ることが出来ずに苦労します。

なんだか道糸がおかしな動きをするので、ラインを巻きとってみると、グーンと乗ってきました。
重量感もあってクロには間違いありません。

慎重にやり取りして、足元まで寄せてきたところで、フッと重量感が失せて穂先が天を仰ぎました。
なんとハリはずれでバラシの1回目です。
すぐに仕掛けを同ポイントへ遠投して流していくと、今度も同じようなアタリです。
ゆっくりと仕掛けを張って、十分に走らせてから胴に乗せるように合わせると、これも良い感じの重量感です。

今度はタモ入れ成功です。
唇の皮一枚って感じでハリ掛かりしいていました。

今がチャンスなので、すぐにもう一枚を狙いますが、それから3連荘でハリ外れでバラシです。(涙)
クロは30m程沖目で浮いているようですが、食いが渋いのか、仕掛けが張れないせいか分かりませんが、とにかく食い浅いとです。

IMG_1899.jpg

対戦者はポツポツとクロを追加して5匹は揃えているようです。

これは仕掛けを落とさないといけないかなと思い、場所後退後にハリスを1.25号にすると、なんと1投目にブリブリブリッ~と良型オナガらしきアタリです。
しかし、勝負は見えています。(これで5回目のバラシ)

その後キロ近いクロを追加して3匹は揃えましたが、あと2匹がヒットしてくれず、2060グラム?で撃沈でした。

せめてあと1尾仕留めていれば、次の切符が手に入っていただけに、悔しいと言うよりも自分の下手さに情けないやら恥ずかしいやら・・・!
JCセミファイナルにしても今回にしても、すべて己の未熟さが原因だけに言い訳なんて見つかるはずもありません。(トホホ)

一緒に行ったHACさんも小型ばかりでダメでしたが、私やほかの釣り人からクロをいっぱい貰って超ご機嫌です。
「明日は砂利美(フィリピンスナック)の3周年やけん、クロば捌いて持っていくっちゃん」と嬉しそう!!

IMG_1901.jpg

そんなこんなで疲れました。
また来年も大会には参加するつもりですが、土日休むのも立場上かなり厳しくなっている現実があります。
仕事あっての釣り、釣りをする為の仕事!
どちらも私にとっては大切な物なのですが、来年は少し大会参加を控えるつもりです。
それよりも貴重な土日は、釣り仲間達と和気藹々と過ごして行こうかな?なんて思っています。

オブザーバー参加歓迎の大会等もリヴァーレやチームヤイバ等で企画していきますので、一緒に釣りを楽しみましょう!!


スポンサーサイト
Secret