例年私がクロ釣りを始めるのは、10月に入ってJCセミの練習を兼ねてなのですが、今年は冷夏で水温も例年よりかなり低い状態のようです。
もしかしたら、この時期でも勘違いしたクロが釣れるんじゃないの?
というわけで、いつものメンバー、Y山さん、世界一さんの悠々自適の方々と、リヴァーレ長崎支部長のえっち老君、そして佐世保の助6さんと5名で、マリンエキスプレス丸銀の久幸船長にお願いして、野崎島に行ってきました。

この時期に五島で日中のクロ釣りをする人なんか居ないので情報は皆無!
晴天・無風・ベタナギなので、どこでも上礁可能です。
まずはケムタ瀬を左斜め前に望める「ノコギリ」に私とえっち老君、助6さんが上がりました。

速い潮が良い感じで沖へ走っているので、そこに仕掛けを投入して流していくと、なんとアジゴの大群がピチャピチャしてるではありませんか。
ツケエもすぐに盗られる状況です。

マキエは足元のみ、仕掛けは遠投して流していると、バチバチッと60m程沖でアタリです。
コクッコクッと首を振っているので、マダイだろうと思っているとなんとチヌさんでした。(涙)

その後えっち老君が足の裏サイズのクロ1枚、私が35cmクラスを1枚釣ったところで瀬替わりです。

IMG_1720.jpg

Y山さん達は40センチクラスのクロやババイサキを釣られていましたが、足場が悪くて辛いとのことで一緒に瀬替わりです。

今度は西側の磯へ上礁です。
ここでは小型ながらクロの活性が高くて、手のひら~35cmクラスまでがコンスタントにヒットしてきます。
やっぱクロ釣りは楽しい!
潮を見極め、マキエと仕掛けの投入タイミング、ツケエの工夫等、釣り方に変化を加えることで、サイズアップしたクロが釣れたり、コッパオナガが地グロに変わったりと結果が異なってくるので時間が経つのも忘れて没頭してしまいます。

IMG_1726.jpg

クロの活性も高い状態だったので、ウキはDear Gの0号を使ってウキを浮かした状態にしていました。
操作性、感度、潮掴みもグッドな愛用のウキは、良い仕事してくれてます。
今回特にうれしかったのは、瀬替わりの際に全員がDear Gをぶら下げたロッドだったのです。
これからのシーズンは特にこのウキが威力を発揮してくれると思います。

次にハリですが、リリースサイズの小型に飲み込まれると可哀想なので、6号クラスを使用していたのですが、コッパオナガばかりでサイズアップしないので、グレスリムの4号に替えてみると、なんとすぐに37センチの地グロがヒットしたではありませんか。(驚)

その後も釣れるのは地グロ主体となり、サイズも27~35cmまでのまぁまぁのサイズなのです。
不思議だなぁと思いながらも、再度大き目の軸長のハリに替えてみると、これにはやっぱりコッパオナガがハリ掛かりしてきました。
クロ釣りは難しいけど、このゲーム性が最高に面白いですねぇ!

IMG_1729.jpg

足の裏サイズ以下はリリース、自宅で食べる分と、シミケン君へのお土産分だけキープしました。

IMG_1727.jpg

Y山さんは40センチクラスのクロやスジアラまで仕留めておられました。
いつも良く釣られるベテランさんです。

IMG_1732.jpg


さぁ、いよいよ秋磯が始まります。
クロ、イシダイ、チヌ、青物等々、1年で一番楽しめるシーズンです。

一生懸命働いて、一釣懸命に釣りに行きましょう!!
スポンサーサイト
Secret