昨日はシミケン君と、やなちゃんと相浦湾内のチヌ釣りでした。
沖磯より湾内のチヌ釣りが只今フィーバー中の岡財閥ですが、この日も平日ですが7名のお客さんを湾内の磯へ案内してくれました。

最初は魚市場近くの地磯へシミケン君と上がりましたが、上潮が横滑りして釣り辛く、シミケン君のポイントは根掛かりの連発だったので、ちょうど見回りに来た、ノブリン船長のチビ平丸で、潮が下げるまでの間みんなで浮き波止に上がりました。

その瀬替わりの際、なぜかシミケン君は2回も左足を海の中に突っ込んでしまい、片足裸足釣法で釣っていました。(笑)

IMG_1686.jpg

浮き波止では3時間程でしたが、キビレの良型を含めて、ノブリン船長6枚(最大48センチ)、やなちゃん2枚(最大46センチ)、シミケン君1枚(40センチ位)、私5枚(最大46センチ)と短時間で爆釣でした。

IMG_1687.jpg

IMG_1684.jpg

私とのぶりん船長が釣っていた波止の真ん中付近は、デカバンもアタッてきましたが、海底には複雑にロープや真珠棚の残骸等が絡み合っているようで、沖の底で掛けると取り込みが大変でした。
50センチは軽く超えているアタリも2回ありましたが、ハリス切れとハリが伸ばされてしまいました。(涙)

IMG_1683.jpg

私達が瀬替わりして、独り残ったクロちゃんが、その釣り座に移動して50センチ頭に数枚ゲットしたそうです。(バラシあり)
ここでは、全層沈め釣りのイエローダンゴ釣法が良かったですね。
前アタリで道糸が少し張るのですが、それから走るまでにしばらく時間がかかるので、その駆け引きが面白い釣りでした。

IMG_1690.jpg

IMG_1689.jpg

その後はシミケン君とまだ誰も上がったことが無い磯「シミケンの1番」と勝手に命名に瀬替わり。
ここでは私がメイタとチヌを釣りましたが、下げ潮だったせいかアタリも渋くてダメでした。
もうシミケンの1番には上がることはないでしょう。(爆)
ここは大チヌ釣ろう会のタニーさんの予約瀬となりました。

相浦湾内、まだまだ釣れそうですよ。
筏や波止等、チヌが居ついているポイント近くが数釣りも楽しめる感じですね。
船酔いに弱い人には浮き波止はゆらゆらしてダメかも?
スポンサーサイト
Secret