宮之浦2
昨日は梅雨の合間の好天気の予報が出ていたので、リヴァーレ長崎支部長のハミチン王子と宮ノ浦の丸銀釣りセンターさんへクロ、イサキ、アブッテカモを狙って行ってきました。

メインターゲットをイサキとのぶ君船長に告げると、阿値賀方面へ走ってくれました。
上礁したのは上阿値賀の西のハナ。

先日のJC宮ノ浦予選の時には良型のイサキだらけだと聞いていたので、Dear G 00号をセットした全層沈め釣りで狙い始めることにしました。

宮之浦4

夜明け前にはお決まりのエギングですが、この日は不発でした。
さぁ、良型のイサキちゃん釣れてくださいね。

宮之浦3

と思いきや、なんと1投目からバチバチバチッとラインが弾け飛びます。
瀬際に寄せてきても、何度も抵抗する魚はイサキじゃないでしょう。

やっぱり・・・タモに収まったのは、37センチ程のオナガでした。
それからしばらくは同サイズのオナガが連荘でヒットしてきます。
ものの30分ちょっとで6枚ゲットです。
これが大会だったらリミットメイクってとこですね。

狙いのイサキちゃんは超遠投してみると、バババババーンとラインが飛び出して、スプールを強めに抑える指がヤケドしそうになる程のアタリです。
これは良型のオナガだぞと思い寄せてくると、磯際での抵抗がありません。
もしや本命?

やりました!
軽く40センチを超える大型のイサキです。(伊万里ではババイサキと呼ぶらしい)
宮之浦6

その後は名物アブッテカモが潮の中でも大運動会!
この時期のアブッテカモはバリウマと聞いていたので、持参したサビキ仕掛けで20匹程ゲット。
ジップロックに塩を入れてきていたので、その中に入れてお持ち帰りです。
これをそのまま塩焼きにして皮をめくって身の部分を食します。(バリウマでした。)

宮之浦5

その後も回収の15時まで30センチ以下はリリースしながらも、30センチオーバーの丸々太った地グロやオナガをゲットすることが出来、クーラーを程よく埋めてくれました。

宮之浦1

今晩、イサキやクロを食べる予定ですが、魚を捌いたカミさんが脂の塊が凄くて包丁が脂でベトベトよ~~~とのことです。
ここ数年感じることは、寒の時期より梅雨時期の地グロが遥かに脂がのって美味いとです。
オナガは夏から初冬にかけてが旬ですね。

宮ノ浦のアブッテカモ(スズメダイ)もノッコミのこの時期、丸々していてとても美味しかったです。
身が少しだけなので、食べるのがめんどくさいけど・・・!
宮之浦7
スポンサーサイト
Secret