予選1

TEAM RIVALE(チーム・リヴァーレ)のクロ釣り王者決定戦の第1回予選大会を佐世保沖の黒島一帯で開催しました。
現会員28名のうち、今大会の参加者は18名です。
この企画は、年2回の予選大会。ルールはD社のグレマスターズブロック大会の方式を参考にさせてもらっており、抽選で決まった対戦者と2時間(1時間で場所交代)を磯を変えて2試合行い、10匹までの総重量で勝者を決め、全体の順位を決めて、勝点、順位ポイントを付与していく方式です。

これを年2回行い、その上位7名と昨年の優勝者、それにこの1年間の大会等で頑張った人1名をシードとし、12月に9名でのトーナメント戦でクロ釣り王者を決めるというものです。
この時には、負け組の人も豪華賞品を準備して行って来い形式の大会を行い、そのまま民宿で大宴会(忘年会)というのが、恒例行事となっているのです。

予選4

さて、今大会は三平丸さんにお願いして、佐世保沖の黒島一帯で開催しました。
時期的にコッパグロとの戦いだろうと予想し、既定サイズは23センチ以上としましたが、検量には40センチクラスの良型も持ち込まれ、予想外?の釣果に検量は大賑わいでした。
25センチ前後のサイズが大半でしたが、30センチオーバーを数枚仕留めた人が僅差で勝ちとなったようでした。

予選3

私は久保川君との対戦でしたが、1試合目に優先権を持っていたので、朝マズメに30センチクラスを2,3枚釣ることが出来て、終わってみれば100グラムほどの差でなんとか勝たせてもらいました。

予選2

最近絶好調の尾下君は黒鯛祭優勝の勢いのまま、この日も40センチクラスを1投目で仕留めたらしく、優勝していました。
2位の江田君は、ベテランの阿部さんを相手になんと金星!
新入会員の鳥羽君も勝って、年末の決勝トーナメントの切符を狙える位置につけています。

2回目の予選は11月に宮ノ浦で開催します。
大会に参加できなかったメンバーも、まだ次に上位入賞することでチャンスはあります。
それまで頑張って腕を磨いてください。

その前に来週は、ジャパンカップ宮ノ浦予選、マルキューグレ宮ノ浦がありますね。
参加のメンバーの方は、是非とも頑張って次のステージへの切符を手に入れてください。

クロ釣り王者1回目予選

競技終了後は、納竿時間まで自由時間です。
磯に残ってクロ釣りする人。
船からエギングする人等。

予選5

私はエギング組です。
なんとか1匹ゲット。
予選6

しんちゃんも1匹ゲット。
予選7

アタリはこれだけでした。
スポンサーサイト
Secret