26-2-5米水津6

長崎県大村市からリヴァーレメンバーのやなちゃんが福岡まで2時間掛けてやってきて、そこからおよそ3時間掛けて大分県南米水津へ行ってきました。

福岡からは、世界一さんと3名での釣行です。
渡船はえびす丸さんで、午前3時出しの便に乗り込みましたが、予報は北西の10m以上の爆風、気温1℃。
そんな天候でも15名の釣り人が平日に来られていました。

船長から「横島方面か半島方面どっちがいい?」と聞かれましたが、私の答えは「風が当たらんとこ」です。
しかし、いくら風裏の米水津とはいえ10m以上の爆風なので快適に風を凌げることは無理でしょう。

私達は鶴見半島の白浜の奥に3人で上礁しました。

26-2-5米水津2

夜明けまで3時間程あるので、オガライトで暖を取りながら朝を待ちます。
これが無かったらきっと凍死してたかも・・・!

26-2-5米水津00

夜も明けたので、いっちょカマシたるぜ!!

26-2-5米水津3

仕掛けはいつものDear G 00号の全層沈め釣りです。
まずは足元近くからスタート。
4.5投目でしょうか、瀬際を漂うウキがモモモモモーンと沈んで行ったので、合わせを入れるといきなり良型のズッシリした引きが返ってきました。
ゴクッゴクッと首を振って竿を叩くので、グレじゃないのかな?と不安ながらも慎重にやり取りして浮かせてくると、なんと良型のグレでした。
それも50センチはあろうかというサイズです。幸先よいですね。
その後も爆風でマキエと仕掛けの同調が難しいながらも、午前10時の満潮までに5枚のグレをゲットです。
下げ始めに42センチを追加することに成功!

26-2-5米水津0

やなちゃんも、下げ始めにようやく1尾目をゲットしました。

26-2-5米水津7

お腹パンパンの44センチ.1.7キロの良型です。

26-2-5米水津5

その後は更に爆風となり釣りにならず・・・!
午後3時回収です。

私の最大グレは神経〆して福岡まで持ち帰り、フィッシングKで検量すると48センチ、1.7キロでした。

世界一さんとは久しぶりに同礁させていただきました。
仕掛け作りが世界一遅いとのことで、世界一さんとニックネームを付けられたそうですが、この日も午前5時半から仕掛け作りを始めて、第1投目は午前8時頃でした。(マジです。)

次回は黄島に、Y山さん、世界一さん、世界一さんのお友達の4人で1泊2日の釣行です。
天気に恵まれ、釣果に恵まれ、みんな笑顔で帰宅できます様に・・・!

26-2-5米水津1
スポンサーサイト
Secret