マリペガ

例年この時期にフィーバーする佐賀県呼子沖磯の島々ですが、今年は台風やら低気圧の影響でなかなか渡礁出来ない日々が続いていました。

昨日は11月20日発売の釣春秋グラビア取材でマリンペガサスさんで加唐島へ行っていきました。
今回はキザクラ製品のPR取材なので、長崎から森テスターとキザクラのおまつさん(通称伏兵さん)と一緒です。
期待の朝マズメ、ウキはもちろんDEAR G。
早速ロッドを曲げたのは森さんでした。
それからは強烈なオナガのアタックで交互に竿が曲がります。

IMG_0765.jpg

サイズも35~43センチ位の良型ばかりで、満潮の潮止まりまでの2時間程でかるく2ケタ突破です。
伏兵のおまつさんも、40センチ級のオナガを数枚仕留めておられます。

IMG_0762.jpg

そして、この時期は何と言っても青物の回遊が見逃せません。
目の前にバシャバシャとナブラチロワが発生します。(ボイルのこと)
別称なぶらけんいちとも・・・!(爆)

ルアーで1キロ級のヤズをゲットした後は、なんと3キロ級もヒット。
これは尻尾に掛かっていたので、めちゃくちゃ引きました。
姿を現すまでは、5.6キロ級のヒラマサだと思っていました。(腕がパンパン)
※何故か、スマホで写真撮影したら横や反転してに表示されてしまいます。(修正の仕方が分かりません)

IMG_0769.jpg

取材的には午前中でOKでしたが、更なる大物を求めて夕マズメまで頑張りましたが、40センチまでのオナガは数釣れましたがそれ以上の大物は釣れませんでした。

今シーズンもDEAR Gが大活躍してくれると思います。
それに、シマノのニューロッド、ファイアブラッドのテンタクルは最高です。
仕掛けを遠投する際にもビシッと決まってくれるし、強風でも竿がぶれずに感度抜群の竿先が敏感に反応してくれます。
なにより、良型が掛かった時にはいちんと胴まで入ってくれ、50センチまでのオナガでも対等に勝負できそうです。
久しぶりに良いロッドに出会った気がします。

来週は今シーズン最後のイシダイ釣りに行こうと思います。(ウズウズしてたまらん)
そうそう、イシダイも5キロ級が連日釣れているそうです。
今が熱い呼子沖磯です。
スポンサーサイト
Secret