写真と文は関係ないのですが、HACさんとカンニングの竹山があまりに似ているので掲載してみました。(爆)
あべさん

さて、世はゴールデンウィークの真っ只中。
私も1日までは仕事ですが2~5日は連休となります。
例年であれば直行瀬渡船で五島へクロ釣りに行ってたのですが、今年は佐世保からフェリーで上五島有川に渡って、護岸からのエギングとチヌ釣りをする予定です。

現地案内と宿泊はゴン隊長にお世話になる。(料金は激辛明太子とエギ)
今年は水温が下がりきらないままに上昇しているので、のっこみチヌも芳しくなかったようだし、早くもバリ(アイゴ)やタカベなどの夏のエサ盗りが活発に動いている。
今シーズンの梅雨グロは、潮通しが良い釣り場選びとエサ盗り対策が重要となりそうだ。

梅雨グロ狙いのお勧め近郊釣り場としては、呼子沖の馬渡島の大瀬、平戸は的山大島の北西岸や生月島の長瀬、宮ノ浦など、また壱岐東南部(イズミ、金城)が有望だろう。
いずれも本流釣りがメインとなる釣り場だ。
攻略法としては重たい仕掛けでしっかりとタナをキープする釣り方も有効だが、キザクラの新製品「SARASHI」は、サラシ場だけではなく潮流をつかんでグイグイとマキエと同調しながら沈んでいき、ラインを張りながら流す事でより潜行していくような形状をしているので、潮流に合わせて沈下速度をバランサーで大まかに調整することで、本流釣りが苦手な人でも容易に攻略出来るように仕上がっている。
sarashi


私はドングリタイプのウキを使用するケースが多いのだが、先日の実釣取材では、K´sEVOとSARASHIの水平ウキで通した所、いずれも非常に使いやすくて気に入った。
今シーズンの梅雨グロはこの2タイプのウキをメインに使おうと思っている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/156-391b78fc