2013-6-5福江黄島0

毎年この時期のイシダイ釣りに下五島の黄島を計画していたのですが、いつもシケの為に中止を余儀なくされていました。
しかし、今回は絶好の釣りコンディションに恵まれて、福江在住のリヴァーレメンバーでもあるガリガリ君の自宅に宿泊させてもらい、1泊2日の黄島イシダイ釣りツアーを敢行することになりました。

福岡からは栗坊とケンソーの3人で長崎へ向かい、午前5時に福江港へ着岸です。

2013-6-5福江黄島10

ガリガリ君の出迎えを受けて、すぐに塩津港へ向かい渡船「おうしま」へ乗り込みます。
平日なので釣り人は少ないだろうと思っていましたが、なんと10数名の釣り人と同船でした。

2013-6-5福江黄島7

初日はガリガリ君と栗坊が中美漁の西側へ上礁し、私とケンソーは地元の方2名と一緒に大美漁の平バエに上礁しました。
ここでは沖側の釣り座に地元の方が入り、私たちは船着けの所でやりましたが、干潮前に1枚釣れただけでこの日は終了でした。(涙)
ちなみに地元の方はガンガゼのやや遠投で、1枚と2枚の2キロ弱を釣られていました。
私はカニのムキミで釣れました。
2キロジャストのホンイシでした。

2013-6-5福江黄島9

ガリガリ君達を回収に行くと、先客が帰られた後に小美漁へ瀬替わりしていました。
これはやられたなぁと思っていたら、ここでは1時間位しか竿出ししていなかったらしく、ガリガリ君が1枚釣っていただけでした。

2013-6-5福江黄島8

2013-6-5福江黄島2

第2弾のお楽しみ会は、コンカナ王国の温泉で疲れを癒してガリガリ邸で宴会の始まりです。
新鮮な魚介類はもちろん、五島牛や長崎皿うどん等々、食べきれない沢山の美味しい料理と酒を頂き爆睡タイムです。

2013-6-5福江黄島1

翌朝は大美漁のカベに先客1名と私達4名が上礁。
じゃんけんで一番負けた私は海に向かって左側の高い所から釣りはじめました。
カニのムキミで狙うこと2投目、コツコツと弱弱しいアタリが次第に大きくなり、これは走るかも?と手持ちで待ち構えていると、ギューンと竿先が海面向かって引っ張られました。
まずは2キロ弱のギンワサをゲットです。
その後しばらくして同サイズを追加。

2013-6-5福江黄島5

するとガリガリ君もギンワサを仕留めたではありませんか。
まだまだ本調子ではない黄島らしいのですが、隣の磯、向かいの磯も時折竿が曲がってイシダイが釣りあげられているのです。

それも連日全体で数十枚のイシダイが釣れているのですから、魚影の濃さに驚くばかりです。

2013-6-5福江黄島6

しばらくして再び私に来ました。
これでこの日は3枚目なのでもう満足です。

あとは同行者全員安打となってくれたら申し分なしなので、私は他の仲間の邪魔をしないように見守って、時折アドバイスとエールを送っていましたが、横流れの潮がキツくなり納竿の14時まで緩むことなくイシダイを追加することが出来ませんでした。
また次回、リベンジに行きましょう。

毎年恒例行事がまた一つ増えた今回の釣行でした。
2日間で4枚のイシダイを釣ることが出来て、私的には満足でしたが黄島の実力はこんなものでは無いとのことです。
2日目は橋本名人も取材で来られていましたが、6枚のイシダイを仕留められたそうです。(尊敬)

2013-6-5福江黄島4

ガリガリ君やご両親の方には大変お世話になって、とても素晴らしい2日間の休日でした。
今度はジャパンカップ全国大会で再び福江に訪れることが出来る様約束して帰ってきました。

さぁ、再びクロ釣りモードへ気持ちを切り替えて23日のマルキューグレ予選え挑むことにしましょう。
この2日間は久々になんのプレッシャーもない釣りを楽しむことが出来ました。

イシダイ釣りは7月までおあずけです。
あのアタリを味わったら、すぐにでもイシダイ釣りに行きたくなるとです。
スポンサーサイト
Secret