5年ぶりにジャパンカップ磯の予選大会に参戦です。
今年はA(米水津)、D(宮之浦)大会の2会場にチャレンジです。
米水津での予選大会は初めての参加でしたが、今大会は159名もの参加者でした。

前日は南の強風、大会日の朝は大潮の満潮ということで、これだけの参加者を収容する磯があるのか?と思っていましたが、案の定、1便目が出港後渡礁は無理とのことで全船戻ってきました。(やっぱり)

結局3時間遅れの出港で、競技時間も4時間に短縮して開催されました。
事故もなく安全に大会は終えて、私の釣果も異常なしという、米水津の魚類保護、育成に貢献してまいりました。(涙)
こっちは、発泡酒と芋焼酎で節約してるのに、今回は気合入れてマキエに7000円以上も使ったのに・・・!(クロさんのいけず)

それにしても食わんやったです。
思いつくことすべてやりましたが、同礁者共々撃沈でした。
私達の船からは、40センチ級1尾を釣った方が勝ち上がりセミ進出の様でした。
「価値ある1尾」ほんとに名言ですね。

結果はご覧のとおりです。
キザクラフィールドスタッフの森さん、今年もやってます。
沖縄予選にも参戦し、昨年は牟岐大島まで単独で参加してセミ勝ち取りという熱血トーナメンター&のんべえです。(爆)
知り合いでは、冨松さん(ケンケンさん)もおめでとうございます。

みよちゃん、残念でした。
こんなところまでご主人の真似しなくても・・・(爆笑)

2013JPA-2.jpg

予選突破のむずかしさを痛感して帰ってきました。
宮之浦予選で頑張ろう!!

帰りは、米水津物産館のイワシの丸干し、城南のからあげ、別府湾SAのソフトクリームという定番コースで帰ってきました。

2013JPA-1.jpg
スポンサーサイト
Secret