昨日はチヌ釣りで南九十九島に行く予定でしたが、前日に急遽キザクラさんから取材要請があり、同行者のメンバーにその旨を告げると、やっぱりみんなクロ釣りが大好きなようで即座にOKの返事でした。

午前5時出港のマリンエキスプレスで上五島へ・・・!
私達取材陣は帆揚げのヒナダンへ上礁。

栗坊は単独穴の前、ケンソーとガリガリ君は平瀬へ上礁しました。

私たちの磯から栗坊が見えるのですが、なんと豪快に竿を曲げて良型のクロをゲットしているではありませんか。
こちらはかなり厳しい状況で、なかなかクロがヒットしてくれませんでした。
なんとか40センチオーバーのオナガを私が仕留めましたが、その後はイサキがポツポツとアタッてくるだけでした。

取材でこの釣果は遺憾!
お昼頃、ここに見切りをつけて瀬替わりしました。
そこでは釣り開始早々40センチ前後クロがアタッてきて、時間の経過とともに更に活性が上がり、大型のイグロー満タン釣果に恵まれました。
やっぱり五島の魚影は濃いですね。
釣春秋を是非、ご覧くださいね。
「あれっ?」と思われるような写真が掲載されてるかもです。

【タックル】
ロッド:インテッサGⅣ1-53
リール:BB-X テクニウムMg C3000DXG
道 糸:キザクラ全層ラインセミフロートインパルス1.75号
ハリス:キザクラテストライン1.5号
ウ キ:キザクラ Dear G00号、黒魂00号、D.SUSMacro+ディンプルMacro4B
ハ リ:ささめ針 送り呑ませ5号、グレスリム4~5号
【マキエ】
オキアミ生3角、アミ1角
遠投フカセTR、V9徳用、V10スペシャル、爆寄せグレ
【ツケエ】
船丸M、ムキミ
スポンサーサイト
Secret