25-1-23上五島0

今年2回目の釣りは、またまた五島へ行ってきました。
同行者はえっち朗君、ニシジマ君とキザクラ、ヤイバモニターの圭介君とそのお友達の5名です。
午前4時にマリンエキスプレス丸銀で宮ノ浦を出港。
1時間程で倉島へ到着です。
前日が大しけだったのでうねりが残る中、私と圭介君はまんじゅうへ、えっち朗、ニシジマコンビはハカタ瀬へ上礁です。
25-1-23上五島5
↑がまんじゅう
↓の中央奥がハカタ瀬
25-1-23上五島7
明るくなるまではモーニングコーヒーをすすりながら、初めて一緒に釣りをする圭介君と色んな話をして時間を費やしました。
夜が明けて早速釣り開始です。
3投目で釣れたのは、35センチ程のクチブトで、その数投後にモヤモヤ~とウキが沈んでいくアタリでヒットしたのは、この日のビッグワンとなる49.5センチ(帰港後検量)のクチブトでした。
ちなみに仕掛けはDEAR Gの0号にクッション水中J6をセットし、ウキ止めを竿1本の位置に付けた半遊動で、ハリはヤイバグレ5号でした。
25-1-23上五島2
その後もコンスタントに連れ続き、圭介君も型には恵まれませんがほぼ入れ食いに近い状態でヒットさせています。
予報では昼には風も波も治まるとのことだったので、帆上のヒナダンに瀬替わりしてみました。
25-1-23上五島6
↓は帆揚げの平瀬のハナレと平瀬です。
25-1-23上五島4

ここもうねりが大きく水道側は一面真っ白でしたので、DSUSⅡJ3とD-WINJ3のセットで狙ってみると、46センチ級のクチブトをゲットすることが出来ました。
そして40センチ級を2枚追加し、クーラーもほぼ満タンになったので、30センチクラスの丸々とした美味しそうなグレを数枚キープして、他はリリースするという贅沢な釣りをさせてもらいました。
回収は16時の予定でしたが、前日の予報に反して急激にシケてきたので、早めの回収となり宮ノ浦へ帰港しました。
その他のメンバーも良い釣りをしていました。
まだまだ痩せているグレが多く、2月いっぱいは最高の寒グレシーズンが続きそうな気配です。
25-1-23上五島3
2月も頑張って働いて、休日には釣りを一釣懸命励みます。
写真のヒラスは私が釣ったのではありません。
たまたま沖でジギングしていた漁師さんからの頂きものです。(笑)

25-1-23上五島1
スポンサーサイト
Secret