功明丸

寒グレが絶好調だという大分県南、米水津へ行ってきました。
今回はキザクラTVの取材ということで、大分在住の関モニターの手配で功明丸さんにお世話になりました。

寒いので出港は2便目の午前5時でしたが、なんと平日だというのに多くの釣り人がすでに3時の1便目で上礁していて、磯が空いてません。

取材班を含めると4名の人員と多くに荷物、撮影ポイントの確保という問題があるので、上礁場所も限られてしまいます。
そのような条件をクリアしてくれて、空いていた磯はカイドクのハナレというところでした。

私も関君も初めて上礁する場所でした。

釣り始めると、めっちゃ強烈な当て潮じゃありませんか(汗)

試行錯誤しながらもポツポツとグレをゲットしましたが、状況的には厳しい感じです。

そこで先客が10時に帰るからと、沖の黒島の「長ミゾ奥」へ瀬替わりしました。

あっ、そろそろ出勤時間が迫ってきましたので、詳しくは後日公開されるキザクラTVをご覧ください。
3~4週に渡って公開される予定です。


福岡から同行してくれたのは、熱血アングラーのSHIN君です。
彼は護岸からチヌを狙っていましたが、マダイとアジの釣果だったようです。
彼が所属する「銀鱗巧」というチームの3県でチヌを釣るという目標で、残すところが大分県だったので、ラストになる挑戦だったようですが目標叶わず。

なんとか彼に釣ってほしかったので、私も情報収集を手伝ったのですが、この時期のチヌ釣りは難しいですね。

彼は「城南のから揚げば食べに来とやけんよかっですよ」と笑顔でした。
ホントにナイスガイな奴なのです。

また来年一緒にチヌ釣りに行く約束をして帰ってきました。

igaki.jpg

※釣果写真はフェイスブックに掲載してます。
スポンサーサイト
Secret