24-11-24-宇久00

今回は浦島太郎釣クラブのメンバー、7名で上五島の宇久島の属礁「古志岐三礁」へ行ってきました。
釣りクラブと言えば、魚釣りをするメンバーで構成されているのですが、ただ一人は釣り人ではなく、釣らん人が居られます。

24-11-24-宇久5

平戸の白浜港からしゅんぷうに私達グループと他1名の方が乗り込みました。

KKBさんは、本瀬のロープ下へ単独で上礁。
吉山さんと世界一さんが沖ノ瀬の北東のカドへ上物で上礁。

私とケンソー君はイシダイ釣りでヘタの瀬の一等席へ上がることになりました。

チングロさんとニシジマ君は本瀬の南側へ上礁したようです。

夜明けから石鯛釣りを開始です。

すると、釣り始めてすぐにケンソー君が大きく竿を曲げています。
「イシガキであってくれ」と願う私の気持ちとは裏腹に、海面を割ったのは七縞模様の立派なイシダイでした。
検量の結果54センチ.2.5キロでした。
痩せていましたが、対高があってデカくみえました。

24-11-24-宇久7

その後はフグやカワハギ系のエサ盗りがガンガゼをつつく程度で、サザエのツケエにはアカハタとアラカブがヒットしただけです。ケンソ君ーはポッポの小型を釣りましたがリリース。

上げ潮になって釣り座を特等席へ移動して狙うと、アタリが活発に出るようになりました。
やっぱり石物は潮や水温に敏感なんですね。

ボーズの予感がしていた私ですが、なんとか1キロジャストのイシガキを釣ることが出来ました。
回収は15時でしたが、13時過ぎにはエサが無くなって納竿です。

24-11-24-宇久6

ケンソー君は納竿間際にイシガキを追加しました。
仕事を休んで参加したケンソー君はとても喜んでいました。(おにぎりもゲット)

24-11-24-宇久8

北東のカドへ上礁した吉山さんと世界一さんもクロ好釣果でした。
世界一さんはクロの最長寸1位でした。

今回は中村コンビが竿頭で、なかなかデーとでも言っておきましょう。


24-11-24-宇久4

24-11-24-宇久1

(看板下の写真)
24-11-24-宇久3
スポンサーサイト
Secret