2012-9-27椛島8

午前0時出港予定の渡船「しゅんぷう」に、ほかのお客さん4名と私達6名の計10名が乗り込みました。
北東風が強くて波高2.5~2mの予報に、古志岐の予定を椛島へ変更です。

2012-9-27椛島4

深見さんとニシジマ君は上物狙いで椛島の波止へ、私と鶴ちゃんは中の小島のハナレへ上礁。
夜釣りはフカセ釣りとエギングをやりましたが、200~500グラムほどのミズイカがコンスタントにヒットしてきてお土産確保はバッチリでした。

フカセ釣りも夜明け前には良型のイサキが連荘モードとなり、鶴ちゃんはオナガもゲットしていました。

夜が明けて石鯛釣りの開始です。
私が持参したエサは、ガンガゼ60個、サザエ1キロ、カニ15匹でしたが、鶴ちゃんはそれ以外に、コウカイやヤドカリまで仕込んでいました。

まずはガンガゼをマキエ代わりに底で5個ほど切って、ツケエにはサザエを付けて投入しました。
すると1投目からガツンガツンと竿に反応があり、そのまま突っ込んでいきました。
しかし、重量感はありません。
釣れたのは赤ハタでした。

続いて鶴ちゃんの「キタッ~~~本命バイ」と叫び声が上がりました。
いっきに巻き上げられたのは、色鮮やかなハトポッポでした。

その後は大きく竿を揺らすようなアタリが無くなりました。
ガンガゼは触りもしない低活性です。

しかしこの魚は、マブチが化粧したような顔してるし・・・!

2012-9-27椛島9

午前10時前に草島へ瀬替わりしました。
ここでも鶴ちゃん、ハトポッポを仕留めています。
底物の師匠がKKBさんという鶴ちゃんですが、これからはポッポちゃんと呼んであげましょう。

2012-9-27椛島7

しばらくして、サザエで狙っていた私の竿に明らかに石物と思われるアタリが出ました。
赤身も盗られているのでもしや?と思いガンガゼを装着してみると、ゴッゴッゴォ~~~とロッドが引き込まれていきました。

抑え込んだまま止まってしまったので、竿を少し持ち上げてみるとグイーンと突っ込んでいったではありませんか?!
必死に巻き上げて海面近くに白っぽい魚体が見えてきたとき、「ギンワサ、ギンワサ」と鶴ちゃんが叫んだと同時に、ハリが外れてしまいました。(爆涙)

なんという失態!
こんな低活性時にはバラシは禁物だし、これが1度だけのチャンスだったかもしれない・・・!

今日は終わったのかとガッカリとした気持ちになりましたが、もしかして?と期待を込めて仕掛けを投入すると、2投目でしょうか、再びガンガゼに反応が出ました。
最初は小さなアタリでしたが、次第にいい感じで穂先を抑え込んでいきます。

そして、2個掛けしていた1個目が盗られて、2個目(ハリの方)も食ってくれよと祈って手持ちにして待っていると、ガッガッガッ、ズキューンと穂先が海面へ突き刺さったではありませんか。

よっしゃきた~~~~と大合わせを入れてやり取り開始です。
竿尻が下腹に食い込んで痛いのですが、頑張ってリールを巻いて海面に浮いてきた魚は、念願のギンワサではありませんか。

石鯛は七縞模様の65センチ4.7キロが自己記録ですが、ギンワサはまだ1度も釣ったことありませんでした。
見た目にも60センチは超えていないので、検量せずに〆てクーラーに収めましたが、おそらく2.8キロ位ではないでしょうか。
でも、めちゃくちゃ嬉しい1枚でした。


2012-9-27椛島5

その後は2.5キロ程のメスのイシダイを仕留め、この日1番引いた2キロ級のイシガキもゲット。

こうなるともう勢いは止まりません。
納竿1時間前に、私の釣り座で狙っていた鶴ちゃんが、「アタリがないけんやって見せてよ」と私に竿を手渡すので、狙ってみると、なんと2投目でこれまた2.5キロは軽く超えるホンイシが釣れたではありませんか。

2012-9-27椛島6

まさに、我ながら出木杉君で、盆と正月とゴールデンウィークが2年分やってきたようなハタ坊劇場だったのです。

自宅を出る前に、お客さんから力いっぱいクレームを言われて釣りに行く気が無くなる位凹んでいた私ですが、待ち合わせのフィッシングKの自動販売機でコーヒーを買うと、777が並んでもう1本アタリが出てちょっとテンションアップ。

釣り場についてもまだ気分がすぐれませんでしたが、イシダイを仕留めた後は気分爽快!!

鶴ちゃんと一緒だと良い魚に出会えます。
これからも釣らせる男に磨きをかけてください。
KKBさんの弟子としての資格は十分だと思います。(爆)


さて、上物組ですが、クジラに瀬替わりしたナガマツ君は、40センチオーバーの良型クロを頭にクーラーいっぱいに、イサキとクロを埋めていました。

2012-9-27椛島3

2012-9-27椛島1

波止で釣っていた深見さんペアは30~40センチクラスのクロとイサキをこれまた好釣果です。

2012-9-27椛島2

2012-9-27椛島

秋磯もまだ序盤ですが、今年は台風が引っ掻き回してくれているので、海水も意外と冷たくて、エサ盗りが少なかったようです。

秋磯はいろんな魚種が楽しませてくれる絶好のシーズンです。

是非、是非、みなさんも磯へ夢とロマンを求めて繰り出してください。

鶴ちゃんが回収間際に「きょうは、け・け・びやった・・・」と呟いていたのは内緒です。
スポンサーサイト
Secret