FC2ブログ
アジのしょうゆ漬け

大分県の郷土料理で、鯖や鯵をしょうゆと酒で漬け込んで、ゴマと小ねぎををふりかける料理「りゅうきゅう」がある。
私が小さいころは、今では高級魚となった鯖をこのような料理法でよく食べていて「ゴマサバ」と言っていた。
これを鯵でやれば「ゴマアジ?」いわゆる「漬け」というのかな?!

鯖や鯵を生で食べるなら新鮮さが命で、時間が経てば独特の臭みが出てくる。
このような超新鮮な魚を食べることができるのは釣り人の特権だろう。

私は白身系の魚よりも青魚が大好物で、焼き魚はノルウェー産が脂ものって最高にまいう~だが、生はやっぱり近海産に限る。
それも釣ったばかりの新鮮な物ほど良い。

写真の鯵は、先日の仮屋湾のチヌ釣りロケ時に、モヨモヨ~とウキが僅かに反応する程度で、チヌと間違うような渋いアタリで私達を戸惑わせてくれた30センチクラスの良型の鯵。
プライベート釣行だったら、チヌを釣るよりも遥かに嬉しいサイズだった。
フカセ釣りは、本命魚を仕留めるまでのゲーム性や取り込みまでの駆け引きが面白い。
また、新鮮な美味しい魚を食べることが出来るのも釣り人ならでは。

個人的には、釣ってリリースを繰り返す様な釣りは性に合わんとです。
賞金や賞品が掛かれば別でしょうが・・・!
なので、チヌは持って帰って食べないけど釣具店や渡船のダービー期間中は、上位入賞を目指して一生懸命に大型を狙って足を運ぶとです。
関門海峡や瀬戸内地方で釣れるチヌは美味しいみたいですが、北部九州のチヌは正直・・・!
寒チヌは美味しいと言われてますけど、クロと比べると雲泥の差があるもので。。。
昨日行った回転寿司屋さんでも、いつまでもそのまま回り続けていました。
チヌのにぎり

そして、こんな真っ黒のいなりを長女は食べていました。
いなり


それでは、皆様良い週末を・・・!
ブシュッと一押しお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/136-2c8d0c9b