24-5-30五島11

乗ってるね あはっ!ツイテルね あはっ♪ フィジカル、フィジカル・・・♪(永ちゃんの歌)

いやいやいや、今年もノリノリな、わ・た・し!
昨年悔しい思いをした白瀬のオナガでしたが、60センチを超えることは出来ませんでしたが、自己新記録となるサイズを釣ることが出来たことは非常に満足だし、嬉しいとです。
ちなみに釣れたのは、午前6時半過ぎ頃で沖を流れる本流と引かれ潮の合流点でした。

日帰り釣行が出来るデカバンオナガスポットとして、上五島白瀬はミニ男女群島と称されており、50センチ級のクチブトグレや60センチ級のオナガが狙える貴重な釣り場です。

例年この時期から数週間の間は、デカバンオナガが回遊してくる好シーズン。

昨年のこの時期、3発もバラシて悔しい思いをしていることから、今回はリベンジ釣行を企画。
釣り仲間を誘って9名で行ってきました。

詳しい釣行レポートは釣春秋にて・・・!(頑張って原稿を仕上げれば6月20日発売号ですが現在体調不良)

鶴ちゃんはフカセで良型石鯛ゲット。

24-5-30五島4

↓写真左よりに小さな瀬が「ゆうれい」。
一度上礁したことがありますが、足場がズルズル滑るし凪続きで上礁すれば臭い落とし穴があるので、私は上がりたくない磯のNO1です。

右寄りに小さく人が見えるのが超人気磯でもある「4番」です。
今回は吉山さんとトウロクちゃんが上礁しましたが、良型イサキやクチブトを釣っていました。
オナガは吉山さんが2回のバラシ。
トウロクちゃんは昨年、隣の4番半から転落するハプニングに続いて、今回は4番でドンゴロスを敷いていたにも関わらず大転倒。
回収の際は、船室でうずくまって顔をゆがめたままでした。
24-5-30五島7

↓写真中央は「4畳半」で右側が「西の離れ」。
どちらも人気が高くてこの日は他船のお客さんが上礁していました。


午前9時過ぎには、風が一層強くなり正面風になったので、倉島方面へ数組は瀬替わりしました。
江田、西嶋ペアは「まんじゅう」へ、私と鶴ちゃんペアはその隣の磯へ上礁。

24-5-30五島8

24-5-30五島

石鯛狙いのKKBさんは白瀬の階段(水道)から帆揚の穴の前へ!
KKBさんの結果はいつもの通りですが、今回はアタリがあってサザエのツケエが盗られたとのことで60点。
事前情報では上物が厳しいとのことでしたので、石鯛釣りに切り替えたとのことですが、結果は上物組が好釣果。
さすがKKB菌効果満点です。
ありがとうございました。(爆)
24-5-30五島1

私たちの磯からまんじゅう、帆揚げを望みますが最高のロケーションです。

24-5-30五島2

倉島では30センチ前後のオナガとクチブトが数釣れました。
鶴ちゃん、今時白のタオルをぶら下げている釣り師は少ないですよ。(笑)

24-5-30五島3

白瀬のデベソからヒナダンに瀬替わりしたチングロ深見さんペアも、イサキやクチブトは結構釣られていた様です。オナガらしきバラシもあったとか?

24-5-30五島6

私の釣果ですが、オナガは57.1センチと47センチ位が2匹、イサキ10匹、クチブト30センチ級が7匹でした。
上五島の梅雨グロシーズン開幕ですね。

24-5-30五島5

今回は平日にも関わらず、9名の浦島太郎釣クラブと伍鱗会、リヴァーレの釣り仲間が集まってくれました。
渡船はもちろん、丸銀釣りセンターさんのマリンエキスプレスです。
なんと白瀬まで1時間で到着しました。
的確なポイント選びと操船技術で、安全に釣りを楽しむことが出来ます。

キャプテン久幸

24-5-30五島10

いつものことですが、帰りは平戸大橋を渡るまでがひとつ目の難関?(福岡まで片道150キロ)

サムソンホテルの「なごみの湯」でさっぱりして帰路につきました。

24-5-30五島9

さぁ、これから白瀬のオナガラッシュの好シーズンです。
今後は場所取り合戦が熾烈を極めます。

釣行されるみなさん頑張ってください。
私はまた来年チャレンジしてみます。

来週はチームくっです。の第2回例会です。(大村湾の予定)
SIHN会長と米の字釣法の名手いっちゃん先生と行ってきます。
同行希望者はお気軽にどうぞ・・・!






スポンサーサイト
Secret