FC2ブログ
先日、平戸で磯釣りの最中、仲間の注意も聞かずに岩に引っ掛かったハリを外そうとして、海に落ちて死亡するという事故が起きた。
聞く所によると、その人は磯釣りビギナーだったらしい。
ビギナークラスの釣り人に多く見受けられるのが、釣りに夢中になりすぎて身近な所の回避できる危険を冒しているということ。
渡船から上下礁する際に、ホースヘッドと磯をまたいでいたり、ホースヘッドの真ん前に立っていたり・・・!
また、磯の上でも荷物を置く場所や釣り座を構える場所など、波やウネリの大きさや潮の干満を判断できずに、道具を流されたりウネリに飲み込まれそうになったり・・・!
これは回避出来る事であり、ビギナー同士だとこういった危険を察知出来ない。
その為に、荷物を流したと渡船を呼んだりと迷惑するのは船長だ。
それが人命に関わるとなると・・・!

私が磯釣りを始めた頃は、先輩のベテランと同行して釣り技術以外のことでも色々と教えられた。近年では、同じレベル同士で釣行する釣り人も多く、上下礁する行動を見ていても危ないなぁと思うこともしばしば。
釣り技術を向上するためには、雑誌やビデオ、インターネットで簡単に吸収できるが、こういった安全面等については同行する人がとても重要なのである。

釣りクラブに所属するということは、こういったことを学べる場でもある。
私の周りでは若くて経験が浅い仲間もいて、日頃はワイワイガヤガヤと釣りを楽しんでいるが、こと安全面に関しては怒鳴りつけることもある。
私自身もいつも気をつけているとは言っても、船の船倉に落ち込んで大怪我をした事もあるし、磯で両手に荷物を持って移動していて、バランスを崩して転落しそうになったこともある。
転落する所が海なら良いが磯の上だと打ち所によっては命を落とす事になり兼ねない。
磯釣りはとにかく危険がいっぱいだが、その多くは釣り人側の不注意に原因がある。

もし、磯釣り中に天候などが急変して緊迫した場面に出くわしたとする。
その時、自分を守る事が精一杯で、他人の事を助ける余裕などあるはずない。
もし、釣り仲間をそういった状況で亡くす様な事があった時、その後今までと同じように釣りが出来るのだろうか?
増してやそれが愛する家族だったらと考えると・・・ぞっとする。

今や渡船も天気予報も発達していて、とても安全に磯釣りが出来るようになったが、磯に上がってしまえば予測できない危険も待っている。
信頼出来る渡船選びも重要だが、磯に上がってからは焦らずに落ち着いた行動を心がけ、絶対無理をしないようにすることで、安全に釣りが楽しめるというものだ。
私がこのブログで紹介している渡船は、誰が利用しても平等に対応してくれるし、信頼出来る船だけである。
私がお勧めしない船は、もし何らかの事情で乗ったとしても、船の写真や渡船名は公表してません。
一人でも多くの人が磯釣りを永く楽しんでいけるように・・・!

釣りブログのバナーをクリックお願い。
その1押しが明日の活力です。・・・!
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/122-62089154