宴会編01

宴会編02

年に一度の1泊2日のこの大会は、やっぱり帰港後に風呂に入って新鮮な魚介類を堪能しながらの忘年会が一番楽しい。
赤魔王は森○蔵よりはるかにうまい!
他にも泡盛、ワイン、ビール等々空瓶が沢山転がっていました。

宴会編04

なぜか5本指の軍足の色が珍しかった・・・!
濱ちゃんやるばい。

ひとしきり盛り上がった後は部屋に戻って爆睡タイムです。(幸せ)
いつもは一睡もせずに深夜から釣り場に走って、そのまま帰ってくるのでヘトヘトですが、このようなプランはかなり贅沢気分です。

宴会編03

負け組03

負け組大会に戻って・・・!
私とクボッチ軍曹、ヒコ坊はクジが最後で3人での上礁となりますが、上がる場所がないので波止に上がることになりました。

ところが潮が引いているので釣りができるような状況ではなくて、仕方なく内側で釣ってみましたがキンギョとアジゴが湧いていてどうしようもありません。
エギを投げるとすぐに食べごろサイズのミズイカが釣れましたが1パイのみで終了。

潮が満ちてきたので先端部分の外側で釣り始めると、足の裏から30センチクラスがポツポツとヒットしてきました。
午前10時に見回りの船に乗り込んで、一ツ瀬の南側へ瀬替わりです。
風は強いですが、決勝戦の場所取りもかねての上礁です。

しばらくは何も釣れない状況でしたが、クボッチ軍曹が30センチ級を連発しだしました。
1時間で釣り座交代としていたので、次に私がその釣り座に入ると同じく連発。

一発バラシがありましたが、48.5センチの良型をゲットすることが出来ました
クボッチ軍曹も終了前に45センチクラスのオナガをゲット。

なんとか負け組の部で上位入賞することが出来てホッと一安心。
負け組01

クロは痩せていて寒グロにはまだまだといったところでした。
持ち帰った食べましたが、脂が乗ってなくて美味しくなかったとです。

これから寒が締まって、2月に入れば脂ノリノリのポッテリクロが私達を楽しませてくれるでしょうね。
スポンサーサイト
Secret