23-12-7-新波止4

九州北部の釣り師なら勿論ご存知でしょう!
バイオレットカラーのレインブーツがトレードマーク。
ニュー幸丸の金丸船長ことエ○船長が渡してくれる、波戸の新波止へフィッシングKに出入りする翔竿名人や山中名人、先日行われたMFGクロ釣り大会でセミファイナルへ進出するツルちゃん(今年からクロ釣りを始めました。)その他俺達さんらご一行様に便乗してきました。

23-12-7-新波止3

只今、渡りの良型グレが爆釣中ということで、平日だというのに30名近い釣り人がズラリと並んでの竿出しです。

23-12-7-新波止5

昨日も30センチクラスが良く釣れていたそうですが、今日はかなり厳しい状況でツケエが残った状態が続きます。

釣れる場所は決まっているようで、そこの人だけがポツポツ良型を仕留めているようです。

翔竿名人はチヌ釣り師で有名ですが、以前は離島のクロ釣りにも行っておられ、宇治群島で60センチクラスのオナガを仕留めて釣春秋のグラビアを飾っておられたことを思い出します。

しばらくしてようやく翔竿名人の竿が曲りました。
23-12-7-新波止2

23-12-7-新波止1

サイズ的にはイマイチですが、ようやく私達のところに回ってきてくれたと期待が高まります。
ツルちゃんも足の裏サイズから30センチオーバーを数枚仕留めています。

私もその後に足の裏から30センチクラスを4枚ゲットしましたが、今日のグレは休業日だったみたいで、1箇所の横島3番的釣り座を除いては、みんな貧果に終わってしまいました。

まぁ、釣りは自然相手なのでこんな日もあるさ・・・!(涙)

23-12-7-新波止6

アジの刺身をいまから頂きます。

まだまだこれからがこの一帯のクロ釣りシーズンなので、皆さん足を運んでくださいね。
手軽に行ける貴重な釣り場ですよ。

23-12-7-新波止7
スポンサーサイト
Secret