【3試合目 対戦者:友松選手】
 
友松選手はジャパンカップチャンピオン経験者でもり、全国区のトップトーナメンターとして有名ですよね。
果たしてどんな試合になるのでしょうか?
審判には橋本名人が付いてくれました。
 
私達が上礁した左側には他の組が上がったので、優先権がある私は左側の釣り座に入り、本命ポイントと思われる右側を後半に攻めるようにしました。
釣り始めると左手前に潮が当たってきます。
フグ系のエサ盗りが居るのでしょう、1投目はハリが盗られました。
先打ちマキエを多めに撒いて沖目を狙いますが、開始15分程経過してもクロの反応がありません。
対戦者も遠投で狙っているようですがまだクロはヒットしていません。
しばらくすると、潮が左流れになり幾分釣り易くなってきました。
風も一層強くなってきたので、ハリスにガン玉6号を打って狙うと、竿1本程のタナでようやくクロがヒットしました。
これはかなりの重量感です。
ハリスは1,5号ですが、極翔がしっかりと引きを吸収してくれてバラすこともなく、タモに納まったのは50センチ程のビッグなクチブトでした。
 
それからは、同じ攻め方で30~40センチクラスがコンスタントにヒットしてきます。
一方、対戦者のポイントは風がモロに横から吹き付けて釣り難そうです。
前半は、私が7.8枚程キープし、対戦者が1枚のキープで場所交代となりました。
ここから対戦者の怒涛の反撃が始まるのかとハラハラしていましたが、後で聞くとパターンを見つけるのに時間が掛かったとのことで、開始15分位から竿が曲がり始めました。
 
私の釣り座は強風で仕掛けが上潮に流されるので、出来るだけ仕掛けに抵抗を与えないように糸フケを多めに出してマキエの沈んでいく方向に仕掛けが流れるように意識していると、なんとか4,5枚の良型クロを追加することが出来ました。
対戦者も残り20分を切った位から、良型が入れ食い状態です。
 
さすが予備的な釣り場とはいえ、ここは五島の福江島です。
夕マズメの怒涛の良型ラッシュは凄かった。
 
結果は私が8,320グラム、友松選手が6,232グラム。
なんとか初日は2勝1敗で2日目に望みを繋ぐことが出来ました。
 
これって波に乗るパターンかもと思ったのですが、そうは問屋が降ろしません。
2日目は完全に運からも見離されてしまいました。
つづく・・・!
 
 
スポンサーサイト
Secret