23-9-7-00.jpg

毎週々釣りばっかり行って・・・!
とは、我家では誰も口にしません。
そう思っているのは、あ・な・た!!(爆)

休日の釣り日和はやっぱり釣りに行かないとダメでしょう。

今回はようやくアーマー製法第2弾のニューフロートでクロ釣りを堪能することが出来ました。
名前は決まってるのですが、私が先に公表するわけにはいきませんので、もうしばしお待ち下さい。

釣行場所は、福岡市内から車で1時間程の佐賀県呼子沖の松島のマナイタというA級ポイントでの竿出しでした。
渡船はマリンペガサス。

この日の釣り客は、上物が私一人とルアーマン、底物師が1名づつの3名での出港でした。
平日釣行は良かですね。

23-9-7-01.jpg

今回の目的はニューフロートの試釣りだったので、時期的にもコッパの中から足の裏サイズが数枚釣れたら良いかなという思いでした。

23-9-7-02.jpg
ところが、午前11時前までの下げ潮では、足の裏サイズ(25~28センチ)のオナガがほぼ1投毎にヒットしてきます。

小型とはいえ、オナガの元気いっぱいの引きは面白くて最高!!

23-9-7-03.jpg

23-9-7-05.jpg

しばらくして北側に釣り座を変えてみると、ここでは30センチを楽に越えるクチブトが釣れて良い感じです。
結局正午の納竿までにかなりの数のクロを釣る事が出来ました。
持って帰ったのは、イサキ2匹とクロが11匹。
久々に新鮮な魚を生で食せます。(合掌)

23-9-7-04.jpg

さて、もうすぐ発売される私プロデュースのウキですが、今回感じたことはとにかくハリを飲み込まれないのです。
今回は、1ヒロ半~2ヒロ以内の浅ダナでヒットしてきたのですが、グレバリの4号を使用しても口元にガッチリ掛かることが殆どなのです。
小さな前アタリも鮮明にウキが反応してくれ、本アタリも違和感を与えずにスムーズに食い込んでくれるこのウキは、抜群の仕上がりとなりました。

早く店頭に並んで、皆さんの手にとって頂けることを心より願っています。


スポンサーサイト
Secret