湯川杓
湯川杓1

1日釣りをして、マキエって何回撒くのだろう?
数えたことありませんが、エサ盗りが多い時期や遠投する場合は肩や手首が痛くなるので相当な回数でしょうね。

湯川杓をご存知の方や使用されている方も多いと思いますが、この杓を使うと他の杓は使えないと言っても過言ではありません。
サメ皮のグリップは濡れても滑らないのが、この杓最大の特徴でしょうか。
シャフトも硬めで狙ったポイントへ正確にマキエを投入することが出来ます。

高価ではありますが、持っておいて損はしないと思います。
海に落として紛失したら、大損ですが・・・!

私も通常の長さを2本持っていましたが、遠投用のロングシャフトを1本追加しました。

お買い求めはヤイバX通販にて
スポンサーサイト
Secret